お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

(一社)北辰会スタンダードコース東京会場に参加してきました!!

2018.01.30

DSC_1767.JPG

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

1.28の日曜日、高田馬場で行われた(一社)北辰会スタンダードコース東京会場に参加してきました!!

 

 

・・・というか喋ってきました!!(笑)

 

 

今回私が喋った内容は

 

「病因病理チャート図作図」

 

です!!

 

 

北辰会では、症例をやる上で、その患者さんの「証」を弁え(弁証)、「東洋医学的病名」を弁え(弁病)、「病因病理」を明らかにします。

 

「病因病理」を含む記事

「弁証」を含む記事     参照

 

(そういえば弁病について書いてなかったですね、そのうち書きましょう。)

 

 

そして、その患者さんの「病因病理」、つまり病の東洋医学的なメカニズムを、チャート図として描ける能力を身に付けることで、東洋医学的な論理的思考に基づいた治療を進めることが出来ます。

 

 

僕が今から15年ほど前、初めてだか、二回目だかくらいに藤本漢祥院に研修に伺ったとき、いきなり蓮風先生から

 

「おいお前、今日の初診患者の問診を取ってみろ!」

 

と言われ、

 

「え、俺がですか・・・?」

 

・・・と、ビビりながらも問診を取って、カルテを提出すると、

 

「ふん、まあまあやな、ではこれの病因病理図を書いて今夜までに提出しろ!」

 

と言われ、当時、先輩の力も借りながら、どうにか書き上げて提出したことがありました。

 

 

その時に、完成した病因病理図をサッと見て、

 

「こういうのがパッパッと出来るようにならなアカンぞ。」

 

と言われたのをよく覚えています。

 

 

先生は当時、僕の論理的思考力を計っていたのかもしれません。

 

 

・・・ともかく、この技術は何気に非常に重要です。

 

 

これがないと、訳の分からない治療に終始することになりかねません。

 

 

東洋医学は感覚的なものだからとか、感覚の世界だからと良く言われますが、全くの感覚、技術だけの世界なんであれば、学問の部分がここまで残っていないでしょう。

 

 

気や経絡や五藏六府といった、古代中国人の自然哲学に立脚した人体の生理学、病理学、医学理論に、ちゃんと一定の再現性、普遍性、客観性が認められるから、

 

今日まで支持されてきたのでしょう。

 

 

だから、その理論に則って、最大限論理的に治療を進めましょう、というのが北辰会の立場です。

 

(もちろん西洋医学の見識も参考にしますし、協力関係でいたいということは言うまでもないですが。)

 

 

そのためにはこの「病因病理図作図能力」が必須です。

 

 

・・・というお話でした。(笑)

 

 

どの程度伝わったか分かりませんが、アンケートを待ちます。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 勉強会参加報告!

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ