お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

浮くにしても浮き方が悪い

2018.05.20

1525871155921.jpg

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

清明院では、単純に手そのものがないとか、ギブスしてるとか、透析中でシャントが入っているとか、そういう場合でもない限りは、必ず脈を診て治療に入る。

 

 

体表観察の最初と最後、抜鍼の直後と休憩後にも、必ず脈を診る。

 

 

こないだ、最初の段階で、ベターっと沈んだ脈を診た。

 

 

脈状で言えば沈軟虚、って感じ。

 

 

体表観察後、脈力と脈幅は出てきたが、まだ沈んでいる。

 

 

その後、病態説明を加えた。

 

 

非常によく聴いてくださっていた。

 

 

・・・で、刺鍼直前、再度検脈すると、左関上中位に枯弦脉を打っている。

 

 

浮いたという意味では良化。

 

 

堅くなったという意味では悪化。

 

 

・・・さあ、どう考えるか。(*‘∀‘)

 

 

僕は良化と判断しました。

 

 

ただ、注意が必要と。

 

 

ふふふ。

 

 

意味、分かるかな?

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 四診(診察法)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ