お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

問診の大事

2018.06.27

dsc_2495-851673100.jpg

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

今日、東洋鍼灸専門学校で「弁証問診」の話をしました。

 

 

話しながら、やっぱこれは何度話してもいい、重要な内容だと、改めて思いましたね。

 

 

蓮風先生がかつて『素問 徴四失論(78)』の内容を解説したことがあります。

 

 

このタイトルには、

 

「医師が犯しがちな4つの失敗を戒める論」

 

という意味があります。

 

 

この4つの指摘はどれも非常に痛烈なんですが、その4つ目に、

 

「問診をロクにやらないこと」

 

が入っています。

 

 

問診はキチッと取るべきです。

 

 

それも、我々東洋医学は、「弁証論治に有用有益な問診」つまり「弁証問診」を、キチッと取るべきです。

 

 

いつだったか、

 

「鍼灸師さんには、地域医療におけるジェネラリストとしての役割りを期待したいので、問診で、悪性疾患の鑑別や振り分けをぜひやってもらいたい。」

 

と述べた先生がいましたが、まあ確かにこれも重要なことかもしれませんが、それ以上に重要なのは、弁証論治をするための問診をキチッと取ることです。

 

総合と総体 5   参照

 

 

しかしながら、問診はそのままコミュニケーション能力です。

 

 

清明院では1時間以上かけてキチッと問診を取りますが、その時間がつまらなく、退屈で苦痛な時間だと患者さんが感じたら、それは失敗です。

 

 

問診が終わった時点である程度心身が楽になっている、しかも弁証論治に有用な情報がキチッと聞き出せている、これは成功でしょう。

 

 

僕もほぼ毎日、15年くらいやりましたし、今でも公開臨床ではやっていますが、あの1時間半をどのように作るか、完成度を高めるか、これは無窮の修行だと思いますね。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 四診(診察法)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ