お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

奇経八脈熱再燃。

2018.10.04

20180924_215139.JPG

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

最近、実は奇経八脈熱が再燃している。

 

 

かつて、22,3歳くらいの時、先輩が残してくれた数々の研究を参考に、奇経について一経一経まとめた。

 

 

流注、病症、歴史的変遷、臨床的見解、様々な別説や珍説・・・。

 

 

今でも僕の中では奇経に関する虎の巻になっている。

 

 

最近、ひょんなことから、その資料を見る機会が多い。

 

 

当時の私の手書きの資料だが、何も知らないクソガキのくせに、なかなか健気に、いいこと書いてやがる。(笑)

 

 

北辰会方式では、以前学生さんから、

 

「北辰会方式は奇経治療なんですか?」

 

と聞かれたことがあるほど、奇経に関与する経穴をよく使う。

 

 

奇経は絡脈的だというが、任絡、督絡とは言わず、かといって任経、督経とも言わず、任「脈」、督「脈」と言い、八脈まとめて「奇経」と言う。

 

「脈」と「経」と「絡」

「脈」か「脉」か。           参照

 

 

時間かかりそうだけど、ちょっとまとめ直そう。

 

 

鉄は熱いうちに打て。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

関連記事: 東洋医学あれこれ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ