お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

抜鍼のやり方「去如絃絶」について 3

2019.03.24

20190121_195824.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話し

 

抜鍼のやり方「去如絃絶」について

抜鍼のやり方「去如絃絶」について 2   参照

 

 

「去如絃絶(去ること絃の絶ゆるが如く)」という表現が出てくる『黄帝内経 霊枢』九鍼十二原(1)ですが、ここには補瀉のことが書かれてあり、

 

このやり方は「補法」を行う場合の抜鍼法であることは述べました。

 

 

シリーズ「補瀉」で紹介したように、補瀉のやり方と言ったら、『黄帝内経』の中にも、その後の各種の古典にも、無数に出てくるのですが、

 

九鍼十二原は、霊枢のド頭に出てくる、大変重要な篇です。

 

 

こういう、昔の中国古典というのは、一番最初に一番重要なことが書いてあることが少なくないです。

 

 

この部分をもうちょっと詳しく言うと、右手(刺す方の手)で「去如絃絶」の後は、左手で鍼の穴を押さえましょう、そうすれば気が留まって、

 

経穴が充実するよ、出血もしないよ、と書いてあります。

 

 

一つの重要な手法です。

 

 

ついでなんで、この部分に書かれている「瀉法」のやり方についても書いておきましょう。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 東洋医学あれこれ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ