お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「鍼灸院からの紹介状は受け取れません。」

2019.03.28

20190303_195212.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

今日、患者さんから言われた。

 

 

その患者さんは、ここ最近、股関節痛を繰り返しており、鍼をすると楽にはなるが、すぐに戻ってしまう、という状況を繰り返している。

 

 

本人も股関節の状態を一度詳しく調べてみたいとのことで、遠方なので、その患者さんの近所の総合病院の専門医に、紹介状を書いた。

 

 

ところが、電話口の受付の女性に、

 

「鍼灸院からの紹介状は受け取れません。」

 

と言われました・・・、と患者さん。

 

(それも二件も ( ゚Д゚))

 

 

・・・久々に、じゃっかんピキッと来たので、すぐにそれを言ったという病院に問い合わせる。

 

 

すると、一件は、

 

「電話を受けた者の認識不足だと思いますので、お受けできますので、患者支援窓口の〇〇あてに、改めてご連絡ください。」

 

とのことで、安堵。

 

 

しかしもう一件は、

 

「保険医療機関からの紹介状しか受け取れません。」

 

というので、

 

「その理由はどうしてですか?」

 

と食い下がると、調べて折り返しますとのこと。

 

 

・・・で、数分後に電話があり。

 

「それが当院としての決まりです。厚生省にも問い合わせたけど、そのような対応で大丈夫です、とのことでした。」

 

との強硬かつ盤石なご回答。(ΦωΦ)

 

 

これまで、個人病院への紹介では、問題なく受け取ってもらえ、大変ご丁寧な返事が来ることも非常に多いのですが、総合病院相手だと、こういうことがあるようです。

 

 

・・・で、これ、何か法的な根拠があるのかな、と思って、とある先生に聞いたところ、

 

「平成18年の第五次医療制度改革から診療情報提供書は「保健医療機関」の書面に限り有効」

 

となっているそうです。。。

 

 

しかし実際は、先ほどの一軒の病院のように、「患者支援窓口」のようなものがあり、そこの担当者さんのはからいで、受け取ってもらえるケースもあり、

 

ということでした。

 

 

うーむ、やや不満ではあるものの、大変いい勉強になりました。<m(__)m>

 

「紹介状」を含む記事 参照

 

 

今日はもう時間ないけど、このことについてはまたしっかりと調べて、ここに書いておこうと思います。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 現代医療に関して

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ