お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

刺激量の問題 ⑤

2019.06.16

20190520_195518.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話し

 

刺激量の問題 ①  

刺激量の問題 ②    

刺激量の問題 ③  参照

 

 

◆置鍼か単刺か つづき

 

 

四診合参で良ーく弁証して、さあ一本鍼、となっても、まず置鍼か単刺かの問題がある。

 

 

鍼をして、一定時間置いておく手法を「置鍼(ちしん)」、すぐに抜鍼する方法を「単刺(たんし)」と呼んだりする。

 

 

・・・まあこれは、鍼した瞬間に大きく、かつ理想的に気が動いたことが、脈診その他で十分に確認出来たら「単刺」の方がいいし、鍼した瞬間の動きは小さくても、

 

一定時間置いておくことで徐々に大きく、理想的な気の動きが得られるならば「置鍼」の方がいい、ということになる。

 

 

そう頭で分かってはいても、最初はなかなか感覚を掴めるものではない。

 

 

僕も最初の頃は、友人を実験台にし、置鍼しては壊し、単刺しては壊した。(苦笑)

 

 

なので最初のうちは、一本鍼したらすぐに脈を確認して、患者さんにどういう変化が出ているか、よーく診るようにした方がいい。

 

(この脈診がまた未熟なので、余計に大変な訳だが。)

 

 

ここで、師匠や先輩の存在が実にありがたい。

 

 

かつて、僕が脈を診ている時に、蓮風先生が鍼をなさる、というのを経験させてもらったことがあるが、鍼を打った瞬間、場合によっては近づけた瞬間に、脈はグーッと変化する。

 

 

・・・で、打った直後に理想的な脈の変化が得られたら、それは「置鍼」という方法は取らない方が正解だと教わった。

 

(ずいぶん前の話だが)

 

 

で、良い変化は良い変化だけど、もう一つ、というようだったら、置鍼するべきなのだが、ここでさらに「置鍼時間はどうするか」という問題がある。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

関連記事: 東洋医学あれこれ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ