お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「孟子」という人物

2014.05.02

清明院では現在、スタッフを急募しております!!

ぜひ我々とともに、切磋琢磨しましょう!!詳細は
こちら。


**********************************************************************************************
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    ↑↑↑          ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************


こないだ、
孟子の言葉という記事を書きました。


今日は、

「・・・で、これを言った、孟子って誰よ??」

って話です。(笑)


この人物は、儒教、儒学を学んでいく上で外せない人物です。

カテゴリ 
儒教・儒家思想 参照


以前紹介した孔子よりもちょっと後の時代の人で、BC372~289ぐらいを生きた人物とされ、孔子の孫の子思(しし)の弟子に学び、

儒教では孔子に次いで重要な人物とされています。

Mencius2













↑↑何となく、頭よさそうだけど正確悪そうな孟先生。(笑)


彼の言行をまとめた『孟子』は、孔子の『論語』と並んで、「四書五経」の一つに数えられていますね。

「四書五経(ししょごきょう)」とは 参照



彼の思想で最も重要なのが、人間は生まれながらにして”善”であるという「性善説」です。


これに対して、「性悪説」を唱えた荀子の話も、以前書きました。

「荀子(じゅんし)」という人物
「荀子」という人物(その2)   参照


この二つの立場は、今でもテレビの政治家同士の討論番組なんかでもよく出てきます。


要は何か物事を企画する時に、「性善説」に立って考えるか、「性悪説」に立って考えるかで、だいぶセッティングが変わってきます。


政治に限らず、どんな小さな組織マネージメントでもそうですね。


・・・よくわかります。(苦笑)



続く



読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

↓↓清き1票を!  ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 儒教・儒家思想

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ