お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

鍼灸(師)批判について(その2)

2010.01.15

前回に続いていきましょう。

2、「鍼灸師みたいな低学歴の連中に体を診てもらおうとは思わない。」

コレなんですが、最初読んだとき、

「へ~まだ日本にこういう考えの人がいるんだ~。」

と、妙に感心してしまいました。学歴社会(高学歴=無条件にいい!という時代)なんて一体いつの時代の話なんでしょうか。・・・まあでも、そう言われたら仕方ないです。正直ね。

「ではどうぞよしなに。有名な大学病院の教授さんのとこにでも行ってください。」

です(笑)・・・でもね、治療というのは「技術」の世界ですので、どんなに輝かしい高学歴があっても、手先の不器用な人には細かいオペなんて出来ないでしょうし、鍼灸もそれは同様です。

また、学問(理論)の力で完璧に、理路整然とその患者さんの病気を分析しきれたとして、それで治らない病気があるからみんな困ってるんじゃないの?とも思います。

確かに、西洋医学を実践されている、医師免許をお持ちの先生方というのは、明治以来、4年制の医大の難関入試に合格し、国家試験に通り、なおかつ2年のインターン制度を消化した、いわばエリート、生え抜きの方々です。

(前述の、「学歴社会」における勝ち組、と言ってもいいかもしれません。)

それと比較して、鍼灸師というのは、現在国家資格ではあるけれども、国家資格化されてからまだ20年ぐらいの、若い国家資格です。

3年制の専門学校か、4年制の大学に通ったのち、国家試験に合格すれば「鍼灸師」を名乗り、開業することが可能で、インターン制度も特にありません。

僕の学生時代でも、クラスの人々の過去は様々で、有名大学出身者から、高校新卒者、脱サラ組、老後に細々とやれればとお考えの年配の方などなど、玉石混交状態でした。

しかも数年前には、規制緩和の影響で、全国的に養成学校(専門学校)が爆発的に増えまして、毎年1000人程度だった国家資格合格者が、現在では3000人以上、新設された学校の中には、すでに定員が割れて、廃校になった学校もあります。

その一方で、古くからある専門学校の中には、3年制の専門学校から4年制の大学にしていこうという動きもあり、現在大きな変化の真っただ中、という現状です。

しかしその大学も、偏差値で考えたらとても医学部とは比較にならないほど低く、現状、鍼灸師の資格を取ろうと思ったら、医師や歯科医師、薬剤師等、他の医療系国家資格と比較すれば、相対的に「簡単に」取れてしまうのが現状です。

ですので単純に学歴「のみ」で優劣を比較されたら、劣っているのは明らかです。

・・・しかし!ここで僕が個人的に言いたいのは、

「うん、だから何?要はその先生が信頼できる人か、そうでないかでしょ?学歴のみで人間性まで判断するなんて、古臭いし非常識だと思いまーす!」

です。前回のブログで、鍼灸、東洋医学は医学であり、科学だ!ということを述べました。西洋医学と比較しても、東洋医学そのものは何ら劣りません。

(当然、疾患や場面によっての得手不得手はあるけどね。)

要は実践する人の力量によって、ピンキリの世界になってしまっているのが、現代の日本の東洋医学の大きな問題だと思います。

だからこないだのような事故も後を絶たない訳です。

ちなみに余談ですが、お隣の韓国では、韓医師(鍼灸、漢方を専門に扱う医師)の大学に入るのは超難関で、倍率は10倍以上、過去には結婚したい職業No1に選ばれるほど、生活の安定した、認知度の高い職業であるのに対し、日本のこの悲惨な現状は、一体何なんでしょうか。

(国民の認識も含めて、です。)

東洋医学はいいものなんだから、日本も韓国のように、最初から優秀な人しかなれないようにすればいいのに、と思いますが、そうもいかない難しいしがらみが色々とあるようです。

(でもそうになったら僕が鍼灸師になれなかったりしてネ(笑))

以前、韓国の韓医師の医院(韓医院)の国外営業部長の方が、清明院に治療を受けにみえた時、日本の東洋医学の制度的な現状に驚き、落胆しておられました。

僕(清明院)としては、現状を憂いてばっかりいても始まりませんので、こうした逆風に負けずに、患者さんの笑顔のために、日々確かな東洋医学の実践を頑張っております!

僕なんか学歴なんてないに等しいけど、それでもよかったら是非診させて下さい(笑)ヤル気は最高にあります!

(こういう風に言うと、ただのバカだと思われるかな(苦笑)。たまには「THE・専門家」って感じの超難解なブログでも書こうかな。・・・ま、気が向いたらそんなのも書きますんでお楽しみに!)

次回は3、についてです。

 

愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!
清明院に皆様のお力を!<m(__)m>

↓↓清き1票を!        ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』 

関連記事: 現代医療に関して

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ