お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

流行する病③

2018.04.12

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、

求人募集しております!

募集内容の詳細は こちら !!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

   ↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

前回までのブログ

↓  ↓  ↓

流行する病

 

流行する病②

 

 

 

 

ここまで、強い伝染性をもつ温疫の概要について書いてきました。

 

 

 

 

東洋医学の温疫の考え方は現代の伝染性を持つ疾患に応用出来るものが多くあります。

 

 

 

 

温病学入門(東洋学術出版)には、強い伝染性をもつ温毒として大頭瘟(だいずうん)、爛喉痧(らんこうさ)について述べられています。

 

 

 

 

温毒は、温毒熱邪を感受して発生する伝染性の熱病で、局所の紅(発赤)、腫(腫脹)、熱(熱感)、痛(疼痛)、甚だしければ潰爛(潰瘍や糜爛)をともなうのが特徴とあります。

 

 

 

 

一般的には冬・春に発症し、発病が急激で症候も重篤です。

 

 

 

 

大頭瘟は、風熱の時毒(季節性・流行性を持つ病邪)によって生じる急性熱病で、頭面部の紅腫熱痛を特徴とし現代で言う、顔面丹毒やおたふく風邪(流行性耳下腺炎)などが含まれると考えられます。

 

 

 

 

爛喉痧は、温熱毒邪を感受して発生する伝染性熱病で、発熱、咽喉の腫脹疼痛や糜爛、皮膚の真っ赤な小斑点の密集を特徴とし現代で言う、猩紅熱が含まれると考えられます。

 

 

 

 

いずれの病も、温暖多風の春や、寒いはずがかえって温暖な冬季などに病邪が発生し、身体の弱りがあると発病しやすくなります。

 

 

 

 

病邪は口鼻から呼吸を通し身体に侵入し、肺や胃を犯しやすく、咽の痛みや強い口渇などがみられます。

 

 

 

 

これらの特徴的な症状から病を分析し様々な治療法が確立され、また多く人に蔓延する伝染性から予防法が考えられてきました。

 

 

 

 

 

続く、、、

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ