お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

皮膚トラブルの季節③

2018.10.04

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細は こちら  !!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

 

前回は、東洋医学で湿疹と類似する、「疹」と「斑」について書きました。

 

 

 

 

前回のブログ

 

 

 

 

それぞれ詳しくみていきます。

 

 

 

 

まず、「疹」について。

 

 

 

 

「疹」とは、皮膚表面に粟粒状で隆起した赤色の小さい発疹を指していて、手でさするとひっかかるものを指していました。

 

 

 

 

症状による中医診断と治療には「疹」を症状の特徴と原因から4つに分類されています。

 

 

 

 

(1)熱入営血の疹

 

高熱が持続し、躯幹や四肢に紅色あるいは暗紫色の斑点が発生し、圧しても褐色せず、表面は平滑で正常皮膚面が介在し、煩躁、うわごと、ひきつけなどを伴うことが特徴。

 

熱性疾患の経過でみられ、湿熱の邪が営血に内陥して血を損傷し、血液が外溢して発疹を生じるとあります。

 

 

 

 

(2)風熱挾湿の疹

 

急性に生じる紅色あるいは淡紅色粒状丘疹で、大小不揃いで痒みが強く、熱感、胸苦しさ、いらいらなどを伴うことが特徴。

 

風熱の邪に湿邪を伴ったもので、体内の暑熱邪が体表の寒湿によって鬱し熱と湿が体表に欝滞して皮疹を生じるとあります。

 

 

 

 

(3)風寒鬱閉の疹

 

突然に淡紅色の皮疹が生じ寒冷によって増悪し、遊走性に痒みがあり、皮疹の大きさは大小バラバラなのが特徴。

 

発汗などで風寒の邪を受けた時に、邪が営分や衛分に鬱して気血と争い皮膚に外透して発疹を生じるとあります。

 

 

 

 

(4)血虚による疹

 

淡紅色または蒼白の米粒大から大豆大の皮疹が反復して生じ、夜間に悪化し、慢性に経過し、動悸や頭がぼーっとする、焦燥感、顔色につやがないなどが特徴。

 

血が不足する事で体表を守る力が不足し、(3)とおなじように風邪が容易に侵入し発疹を生じるとあります。

 

 

 

 

(1)〜(4)はそれぞれ症状に違いはありますが、いずれも熱がうまく発散されず、体内に鬱してしまい気や血に影響し、その結果、さまざまな形の疹として発病してしまいます。

 

 

 

 

続く・・・

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ