お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

鍼灸医学史研究発表会

2019.01.15

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

 

こんばんは 浅田です

 

 

 

 

日曜日は、北里大学で行われた北里大学東洋医学総合研究所医史学研究部・日本内経医学会共催の「第6回 鍼灸医学史研究発表会」に参加してきました。

 

 

 

 

演題は、

 

1.「電脳医学古典の世界」

小林 健二先生

 

2.「艾工場へ突撃!」

佐橋 佳郎先生

 

3.「考古学上の発見と気の思想の新認識」

孫 基然先生

 

4.「新出の『松岡意斎書』による『意仲玄奥』の再検討 ―打鍼術の起源および打鍼系流派の系譜について―」

長野 仁先生

 

5.「第25回あはき師国家試験“問題93 心下付近に結ぶ経筋はどれか”を考える」

宮川 浩也先生

 

となっており、

 

 

 

とても面白い内容や、後で調べ直さなくてはならない程難しい内容が盛り沢山でした。

 

 

 

長野先生と宮川先生のご講演は、臨床繋がる非常に勉強になる講演でした。

 

 

 

孫先生の、火、太陽、鳳凰、風、気の関係性のお話がとても興味深く、大変面白かったです。

 

 

 

わからない内容は、わからないなりに聞いて、メモって、次拝聴した時には理解できるように調べておくことが大事だと思っています。

 

 

 

超激レアな貴重なお年玉も頂いたので、今後の勉強に活用させて頂こうと思います。

 

 

 

現代は、歴代の医家や先輩方がまとめて下さった資料を簡単に手にする事ができるので、恵まれた時代です。

 

 

 

エゲツない勉強量、作業量に時間を費やしている先生方には頭が上がりません。

 

 

 

古典の深さ、古典を読み解く重要性、楽しさを見に染みて感じた1日でした。

 

 

 

古典を学んだから終わりでなく、大事なのは臨床に活かせるかです。

 

 

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 浅田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ