お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

睡魔と戦う工夫

2019.05.17

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら !!

 

 

*****************************************************************************************

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑ ↑ ↑                                        ↑ ↑ ↑

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

こんばんは、松田です☆"

 

 

 

もうすぐ梅雨の時期というのもあり、天候があまり安定しないですね。

 

週の初めの天気予報と週の後半では全く違う予報が出ていたりして、もはやその日の朝一の予報で確認するのが一番良いですね。

 

 

 

 

皆さんも、とても疲れている時、寝不足の翌日など睡魔が襲ってくることがあると思います。

 

 

 

しかし、眠くても眠ってはいけない場面もあります。

 

 

 

 

今年度、私が担当している座学の授業(東概)ですが、学生は皆睡魔との戦いを強いられています。

 

 

 

なぜなら、時間割の都合上仕方ないことではありますが、1日に4コマ授業がある内、私の授業は4コマ目なのですが、1~3コマが実技の授業であり、疲労困憊している状況で4コマ目の授業に臨むことになります。

 

 

 

 

毎回、私が教室に入ると疲れた顔をしていて、既に皆眠そうな状態であいさつをします。

 

 

 

 

授業なので、また情報量も多く一回でも聞き逃してはいけないという気持ちもあり、皆寝ないように頑張ってしっかり前を向いて聞くようにしたり、私が口頭で言ったことをしっかりメモをして工夫しています。

 

 

 

 

それでも、ウトウトしたり、落ちてしまう人もいます。

 

ただ、自分が同じ状況だったら、ウトウトしてしまうかもなと思うと、あまり強く言えないですね。

 

 

 

 

そのため、通常よりも声に抑揚を出し、また質問を多くするなどして、こちら側も学生が眠くならないように工夫しています。

 

 

 

 

睡魔との戦いは色んな場面で起こりうると思いますが、自分なりの工夫をして乗り切れるようにしていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者の皆様、こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 松田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ