お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

漢字から考察する陰陽(その8)

2010.11.29

こんばんは、森岡です(^_^)

前回までのお話・・・

漢字から考察する陰陽(その1)

漢字から考察する陰陽(その2)

漢字から考察する陰陽(その3)

漢字から考察する陰陽(その4)

漢字から考察する陰陽(その5)

漢字から考察する陰陽(その6)

漢字から考察する陰陽(その7)

今回で一旦、字解きにおける陰陽の考察を、終わりにしたいと思います。

まとめると・・・

1.玉=魂(生命の根源)である

2.神が出入する、または閉じこめられている

3.精気が充足される場所

これより、「陰陽」とは・・・

「生命の根源である魂を、光輝かせるための「神(しん)」が宿る場、または、その動きのこと」

と解釈できます。

(あくまで、僕なりのですよ。)

じゃあ、「神」って何となりますよね?

東洋医学において「神」の意味は多岐に渡ります。

簡単に言えば、自然界における「神」と、人体における「神」で帰納できます。

『基礎中医学』 (神戸中医学研究所会編著 燎原書店)では、

自然界における「神」は、陰陽の変化の趨向のこと

人体における「神」は、生命活動の外的表現(姿形・顔色・眼光・声・動作など)

または、意識や思惟活動のこと

と記載されております。

東洋医学では、診断法の一つとして「望診(視覚による診察)」があります。

「望診」=「望神」であり、「望んで知るを神という」と表現されているよう、「神」というものが大変重要視されています。

この「望診」において、

元気がなく、色艶が悪く、目に精彩がなく、動作が緩慢となると「失神」といい、病は非常に重く、予後は不良となります。

逆に、

色艶がよく、光沢があり、目は力強く、動作は俊敏となると「得神」といい、病があっても比較的軽く、予後は良好なことが多いです。

この辺りは、皆さんも何となく感覚的にわかりますよね。

「今日は何となく○○くん元気ないな」とか、「○○ちゃんの今日の顔色悪いね」など、知らず知らずに皆さんも「望診」をしているわけです。

もう一度まとめると、「神」というのは生命活動を維持するためには非常に重要で、「神」の働きの良し悪しは陰陽に左右される

「神」については様々な記載がありますから、まだまだ研究の余地があります。

ということで、陰陽の考察一旦終了です。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 森岡漢字

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ