お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

地震酔い(その4)

2011.03.28

こんばんは、森岡です(^_^)

前回までのお話・・・

地震酔い(その1)

地震酔い(その2)

地震酔い(その3)

続き行きます!!

今後もまだまだ余震は続くと思われます。

従って、地震酔いの患者さんもまだまだ増える可能性があるということです。

自然と人は一体不可分という天人合一のもと東洋医学は成り立っています。

その前提でいけば、


自然における気の変化は、人体にも影響し、同じ気の変化を起こさしめる。


と考えるのが普通です。


今回の地震は”震”という自然の変化が異常に起こったものでした。

つまり、過剰に起こったのです。

ですから、その気の異常な変化は、多分に人体に影響を及ぼしました。

それは、

自然界の”震”と呼応する、人体の”肝木の気”を大いに亢(たかぶ)らせる。

という結果となりました。


異常に亢った”肝木の気”は急激に上に向かい突き上げ、

”震”のごとく頭を激しく揺さぶるのです。


これにより、揺れるような感覚やめまいが引き起こされたと考えられます。

余震が続けばこれが頻繁に起こるわけですから、常に肝木の気は頭を揺さぶり、

”揺れてもないのに揺れている”

感覚に陥るのです。


またツイッターなどを見ていると、地震揺れを発症した人は、

”花粉症”がひどい人が多いというのも興味深いところです。


次回まとめです。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」 

関連記事: 森岡地震酔い

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ