お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

風邪に鍼灸⑥

2017.12.03

*****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト 

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

 

こんばんは。上村です。

 

 

 

前回は、陰虚が原因の喉痛について書きました。

 

 

 

 

風邪に鍼灸⑤ 参照

 

 
 
 
 今回は、気陰両虚による喉痛について書いていきます。
 
 
 
 
 
 
気陰両虚は、陰損及陽して発生し、機能低下と陰液不足の虚熱の病態をいいます。
 
 
 
 
 
 
 
症状としては、気虚と陰虚のどちらもでてきます。
 
 
 
 
 
気虚とは、臓腑の機能を低下させ、身体の抵抗力を弱めることになる、気の不足のことをいいます。
 
 
 
 
 
 
 
先天の元気不足、脾胃の運化失調による生成不足、慢性病、外感六淫、七情内傷などによる消耗が原因で発生します。
 
 
 
 
 
 
特徴は、疲労により疼痛が悪化する・言葉に力がない・全身無力感などの気虚の症状と、陰虚のため口渇や口唇の乾燥、陰虚内熱による微熱や寝汗などがみられます。
 
 
 
 
 
 
 
気陰両虚は、発熱性疾患や、慢性消耗性疾患にみられます。
 
 
 
 
 
治療は、気陰両補になります。
 
 
 
 
 
今までのブログを通して喉痛の原因について簡単にまとめました。
 
 
 
 
 
 
 
自分も喉痛で辛い経験をした為、その経験を活かして患者さんが同じような症状で困っている場合に楽にできるよう日々精進して参ります。
 
 
 
 
 
 
 

関連ブログ

 

院長ブログ

 

スタッフブログ

 

*****************************************************************************************

読者の皆様、こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

 

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

*****************************************************************************************

清明院オフィシャルホームページ(PC)



清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 上村

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ