お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

一日も春夏秋冬

2017.12.05

*****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

 

こんばんは 浅田です

 

 

 

今年もとうとう12月となり、あと1ヶ月で1年が終わってしまいます。

 

 

 

 

1年というサイクルは、春夏秋冬の四季に分けられます。

 

 

 

1日というサイクルも、春夏秋冬の四季に分けることができます。

 

 

 

『霊枢 順気一日分為四時篇第四十四』には、

 

 

 

「以一日分爲四時.朝則爲春.日中爲夏.日入爲秋.夜半爲冬.」

 

(一日を四季に準じて四つの時間帯に分けると、朝は春、日中は夏、日の入りは秋、夜は冬に相当する)

 

 

 

と書いてあり、

 

 

 

「朝は、太陽が昇って徐々に暖かくなるので、春の陽気が昇る様に似ている。

 

日中は、温熱が極点に達し、夏の陽気が盛んになる様に似ている。

 

日の入りは、気温が低下し、秋に陽が減少し陰が増加する様に似ている。

 

夜は、寒冷が極点に達して陽気が閉蔵し、冬に陽気が潜伏し陰が盛んになる様に似ている。」

 

 

 

と解釈できます。

 

 

 

 

いつも診ている患者さんを普段と違う時間に診ると、心身の状態や所見が大きく変わっていることがあります。

 

 

 

四季、四時を考慮して診立てることも大事ですし、四季、四時従って現れている所見に惑わされて、本質を見逃さないように診立てることも重要です。

 

 

 

 

残りの1ヶ月も最善の治療ができるよう、しっかり診立てて治療していきます。

 

 

 

 

参考文献

中医病因病機学 東洋学術出版社

黄帝内経霊枢 医道の日本

 

 

 

関連ブログ「四季」

院長ブログ

スタッフブログ

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 浅田

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ