お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601
当院では、新型コロナウイルス対策は常に最大化、最適化しておりますのでご安心ください。
「当院の新型コロナウイルス感染抑止対策について」

うるおい治療(その9)。

2011.09.14

清明院では現在、スタッフを急募しております!!

ぜひ我々とともに、切磋琢磨しましょう!!詳細は
こちら。


*****************************************************************************************
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑↑↑         ↑↑↑
読者の皆様、 この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!
クリック頂くと、ランキングポイントが上がります!
*****************************************************************************************


こんばんは、鈴木です!


今日もうるおい治療の続きにいきたいと思います!


うるおい治療。
うるおい治療(その2)。
うるおい治療(その3)。
うるおい治療(その4)。
うるおい治療(その5)。
うるおい治療(その6)。
うるおい治療(その7)。
うるおい治療(その8)。



前回「かさぶた」についてお話させて頂きましたが、今日は前回の補足をさせて頂きます。



しつこい様ですが、「うるおい治療」において大切なのは、



「傷口は乾燥させない。」



という事です。



極端な話、



「かさぶた」は作らない方がいい。



という事になります。



(前回散々小難しい話をしてしまったのに…!)



例えば、水なしでは人間は生きていけません。



人の細胞も乾燥状態では生きていく事が出来ません。



傷表面を乾かすと、



その細胞は死んでしまいます。



死んだ細胞ももちろん生き返りませんし、それっきりです。



だから、



「傷を乾かすと治らない。」



という事になります。



このような事から、極力かさぶたは作らないようにし、



湿潤状態を保つために、傷口はジュクジュクしているぐらいの方がちょうど良いという事です。



しかし注意しなければならない事もあります。



うるおい治療が得に有効なのは、傷を負った直後です。



かさぶたが完全に出来てからでは遅いんです。



しかし、すでにかさぶたが出来てしまった場合、



無理に剥がすような事はしないで下さい。



無理に剥がそうとすると、



傷口の下から新しく出来かけている細胞を傷つけてしまい、



余計に傷痕が残ってしまったりもします。



かさぶたが出来てしまった場合は、ほって置くぐらいがちょうどいいんではないかと思います。



出来る限り、傷を負った際には、



まず水道水で傷口を洗い流し、



ある程度止血をした後、ラップをするなどして湿潤状態を保つようにして下さい!



(すみません、毎回同じ事しか言ってませんね…。)



次回に続きます!


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を! 

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ


清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 鈴木うるおい治療

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

“うるおい治療(その9)。” への2件のフィードバック

  1. 山の子供 より:

    瘡蓋が出来て、それがひび割れて、隙間から血が滲んだりして、痛そうだから絆創膏はったままにしたら、ふやけてキレイにとれた事あります!
    湿潤はなんにでもいいのかもしれませんよ!
    今年の夏は、潤いもとめて、沢山水を飲んで、中から潤ってる~状態にしたつもりが、接骨院の先生に、浮腫んでますね、を連発され(笑)でも、確かに!と思ってたら巡り悪くなったのか風邪ひいちゃいました。
    ひき始めに接骨院の先生に鍼してもらった時は1日調子よくて流石~!と思ってたら、喉が半端なく痛くて内科にいったら化膿してると言われ、早速熱をだし、まだ治りませんー。ただ、潤いだーと、うがいを沢山したら、化膿はすぐ治りました。今は微熱と咳です。この状態で接骨院いって鍼してもらったら改善するもんですか?
    潤い、大切ですね。鈴木先生とお揃いでながーく書いてみました(笑)スミマセン

  2. すたっふ より:

    山の子供さん、はじめまして!
    コメントありがとうございます!
    > 瘡蓋が出来て、それがひび割れて、隙間から血が滲んだりして、痛そうだから絆創膏はったままにしたら、ふやけてキレイにとれた事あります!
    > 湿潤はなんにでもいいのかもしれませんよ!
    そうですね、体が治る上で湿潤はとても大切だと思います!
    > 今年の夏は、潤いもとめて、沢山水を飲んで、中から潤ってる~状態にしたつもりが、接骨院の先生に、浮腫んでますね、を連発され(笑)でも、確かに!と思ってたら巡り悪くなったのか風邪ひいちゃいました。
    風邪大変ですね(泣)。
    水分を取るのはとても大切ですが、くれぐれも取りすぎには注意して下さい。
    > ひき始めに接骨院の先生に鍼してもらった時は1日調子よくて流石~!と思ってたら、喉が半端なく痛くて内科にいったら化膿してると言われ、早速熱をだし、まだ治りませんー。ただ、潤いだーと、うがいを沢山したら、化膿はすぐ治りました。今は微熱と咳です。この状態で接骨院いって鍼してもらったら改善するもんですか?
    そうですね、山の子供さんの状態にもよりますが、お話を聞いている限り、きっと改善すると思いますよ!その際は治療して頂く先生に具体的な症状をよく教えてあげて下さい。
    > 潤い、大切ですね。鈴木先生とお揃いでながーく書いてみました(笑)スミマセン
    いえいえ(笑)。コメントありがとうございました!
    またコメントお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ