お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

暈厥(一過性の意識障害)と東洋医学

2018.02.14

DSC_1857.JPG

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細はこちら !!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

先日、北辰会の冬季研修会にて、風呂上りに先輩が一瞬失神しました。

 

(すぐに意識を取り戻し、事なきを得ましたが。)

 

 

たまたまその場には研修会に参加された医師の先生方もいらしたので、少しお話しさせていただいたんですが、その時に、

 

「あー、こういう時に東洋医学的にキチッと病態がイメージ出来てないなー。。。」

 

と思いました。

 

 

かつて、私の姉も貧血体質で、深夜に自宅の風呂で失神していたことがありました。

 

 

また、私の祖父も、何年か前に温泉で失神して、救急車で運ばれたことがありました。

 

 

また、私の叔父も、何年か前に脳腫瘍で癲癇発作を起こし、その時も痙攣し、意識障害を起こしたことがありました。

 

 

全員、今でも健在です。

 

 

このように、意外と身近な失神。(苦笑)

 

 

清明院の診療中にだって、患者さんの身に、いつかは起こるかもしれません。

 

 

ただ、その時の対処方法いかんによっては、

 

「清明院で倒れてラッキーだったわー」

 

となるか、

 

「清明院で倒れたばっかりに、こんなことになった」

 

となるか、分かれます。

 

 

ここは、東西両医学における病態、診断学も含めて、キチッと把握して、鍼で何とか出来るものは鍼で何とかする、出来ないものはしかるべき専門機関に送る、

 

その迅速で正確な判断、処置が出来るようになることが重要です。

 

 

・・・ということで、ここから何回かに分けて、まずは一過性の失神(暈厥うんけつ)についてまとめます。

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 東洋医学あれこれ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ