お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

このブログに初めて訪れた方へ

2012.07.08

はじめまして。


東京都、新宿駅の近くで「清明院(せいめいいん)」という小さな鍼灸院を営んでおります、竹下有(たけしたゆう)と申します。


このブログは、清明院を開業した2009年の10月から、「ほぼ毎日」更新し続けているものです。


東洋医学、鍼灸医学のお話を中心に、日々感じる、様々なことを書いております。





現在、日本の国民の医療といえば、「西洋医学」の独壇場です。


西洋医学が素晴らしい面はもちろんありますが、患者さんのことを考えた時、この現状は、どう見ても偏っています。


多くの日本国民の、東洋医学、鍼灸に対する認識はどうかというと、単なる慰安的行為の延長であったり、

せいぜい雑多な健康法の一種として、認知されている程度ではないでしょうか。


そうではないのです。


私は、このことを、声を大にして、世に訴えたいと思っています。


東洋医学、鍼灸医学は、中国、韓国、日本を中心に、数千年もの間、病に苦しむ多くの人々に支持され続け、現在でも、

現実の病に対して効果を上げ続けているものであり、東アジアから全世界に誇るべき、また守り、発展させるべき、

れっきとした伝統医学、伝統医術です。


上記のような、現代の多くの日本国民の認識は、明らかに間違っています。





日本では、江戸時代の末期に蘭学が伝来する前までは、医療の主役は東洋医学、すなわち鍼灸と漢方薬でした。


蘭学が伝来する以前の医者には、なにも治せていなかったかというと、そんな筈はありません。


明治時代に入り、当時の政府の富国強兵政策のもと、日本は何でもかんでも、近代化という名の西洋化に舵を切りました。


この時に、国民の健康を守る、医師に関する法制度をも変えてしまい、なんと、

「西洋医学のみを修めたものを医師とする。」

と定めてしまいました。

(明治7年(1874年)の政令通達)


これは、事実上の東洋医学廃止政策です。


これにより、それまで代々東洋医学をやっていた医師の家も、ほとんどが西洋医学に看板を掛け替え、以来、日本では西洋医学が主役になりました。


その、100年以上前の日本国家が定めた基軸の延長線上にあるのが、現代日本の医療です。


明治初期の国内事情と、現代の国内事情はまったく違いますから、国民の生活状況も、かかる病気も、西洋医学に対する認識も、

当時とはまったく違います。


アトピー性皮膚炎や、喘息、花粉症などのアレルギー疾患、また、三大成人病、あるいはうつ病に代表される精神疾患などなど、

西洋医学の医療機関の治療で治らずに、さまよう病人は、増える一方です。


現代日本の医療は、今や明らかな制度疲労を起こしています。





時代がどう変遷しようとも、いくら西洋医学が発展しようとも、「病気」、「病人」に対する、「東洋医学」そのものの価値は、

本質的には全く失われません。


だから、基本からしっかりと東洋医学を学び、しっかりと経験を積んだ東洋医学の医者は、当然ながら、太古の昔からやってきたように、

多くの病が治せるようになります。


西洋医学が苦手とするような病気さえも、です。


そこにこそ、現代における、我々鍼灸師の、大きな存在意義がある、と思っております。


ブログ記事は、テーマごとにカテゴリーで分類してありますので、興味のあるものからお読みいただければ幸いです。


読者の方の、このブログとの出会いが、数千年の歴史を持つ、東洋医学の無限の可能性に気付かれるきっかけになることを、願ってやみません。



                       2012.7.8 大安吉日 清明院 院長 竹下有

関連記事: ごあいさつ(このブログの紹介)

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

“このブログに初めて訪れた方へ” への4件のフィードバック

  1. より:

    ( ̄^ ̄)ゞ鍼灸治療、広まって欲しいです‼

  2. いんちょう より:

    楽さん
    そうですね。同感です。(*^_^*)

  3. しつもん より:

    大安
    仏滅
    意識したことなかったけど、
    やっぱり何か意味あるのかな?

  4. いんちょう より:

    しつもん さん
    初めまして。ご質問、ありがとうございます。(*^_^*)
    > 意識したことなかったけど、
    > やっぱり何か意味あるのかな?
    これは「六曜」といって、日にちの吉凶を示すものですね。そのうち気が向いたら書こうと思いますが、ルーツは中国にあるようです。
    元をたどっていくと、以前このブログにも書いた、道教とも関連があるかもしれませんね。
    まずは、wikiを読んでみて下さい。↓↓
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%9B%9C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ