お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

皮膚トラブルの季節⑦

2018.11.01

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細は こちら  !!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

 

前回のブログ

 

 

 

 

続きいきます。

 

 

 

 

ここまで斑と疹についての、分類と症状について書いてきました。

 

 

 

 

皮膚表面にあらわれる紅色の皮疹で、皮膚面より隆起せず、大きく片状をなし圧迫しても褐色しない皮疹は「斑」。

 

 

 

 

皮膚表面に栗粒状で隆起した赤色の小さい皮疹であれば「疹」といいました。

 

 

 

 

斑と疹は、温病における重要な症状のひとつです。

 

 

 

 

斑と疹は形態が異なりますが、同時に出現することが多いため、様々な書物では斑に疹を含めたり、斑疹と総称したりします。

 

 

 

 

斑疹の病因はきわめて複雑で、内因と外因があるだけではなく、五臓や六腑の異常もあります。

 

 

 

 

一般に斑疹は、紅色鮮明で潤いがあり、浮いてまばらであり、高熱や意識障害がないものは予後が良好となります。

 

 

 

 

また、斑疹の発生は、外邪が体から外発していく様子をあらわしていることでもあります。

 

 

 

 

斑疹は、その形態をよく観察し、脈や症状などをみて、病の軽重、予後の良否、治療方針などを決定していく上で大変重要であります。

 

 

 

 

*****************************************************************************************

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ