お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

魂振り

漢字から考察する陰陽(その7)

2010.11.20

コメント: 4

こんばんは、森岡です(^_^) 前回までのお話・・・ 漢字から考察する陰陽(その1) 漢字から考察する陰陽(その2) 漢字から考察する陰陽(その3) 漢字から考察する陰陽(その4) 漢字から考察する陰陽(その5) 漢字から考察する陰陽(その6) 今回は『常用字解』における陰陽の解釈です。 では行きます! 『陽』 「昜」 台上に霊の力を持つ玉(日)を置き、その玉光が下方に放射する形。 玉光には、人の精気を盛んにし、豊かにする魂振り(たまふり)の働きがあるものとされた。 「阝(こざとへん)」 神が天に昇り降りする時に使う神の梯(はしご)の形。 つまり、 「陽」は、その神梯の前に玉を置き、神の威光を示す字である。 「陽」はのちに、「ひ、太陽」の意味となり、陽光(太陽の光)の及ぶところから「あたたかい、山のみなみ、みなみ、川のきた、きた」の意となった。 『陰 ....

ブログ記事関連タグ

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ