お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

自立した生活③

2016.07.02

 

 

*****************************************************************************************
   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
         ↑↑↑         ↑↑↑
読者の皆様、 この2つのバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>
*****************************************************************************************

 

 

 

こんばんは、坂口です。

自立した生活

自立した生活②

 

 

年を取ることで筋肉は徐々に落ち始めますが、何歳ごろから落ち始めるか知っていますか?

 

 

 

 

 

普段から運動をしている、していないなど個人差はありますが、40歳前後で筋量が減少を始めます。

 

 

 

 

そして高齢になればなるほど筋肉が低下する速度は加速してしまいます。

 

 

 

 

このように進行性で筋肉量、筋量の減少により、身体に影響を与えることをサルコペニアと言います。

 

 

 

 

 

 

サルコペニアはギリシャ語で、サルコは肉、ぺニアは喪失を表しています。

 

 

 

 

大きく分けると原発性と二次性に分けられ、原発性は加齢のみ、

 

 

 

 

二次性は運動をしない、ベッドで安静などの身体活動性の物、悪性腫瘍など疾患性の物、胃腸疾患など栄養性の物に分類できます。

 

 

 

 

65歳以上が年に1回以上転倒する割合は3人に1人というデータがあり、転倒の原因の約17%はサルコペニアが関係していると言われています。

 

 

 

 

 

握力の状態は下肢の筋力と相関していると言われ、握力が減ってきたらその分下肢の筋力も衰え始めている可能性があります。

 

 

 

 

握力を測ってみて、減っていたらそれはサルコペニアのサインかもしれません。

 

 

 

筋肉は鍛えれば何歳であろうと筋力を増やす事は可能です。何度も言っていますが少しでも運動する習慣を作ることをお勧めします。

 

 

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)
清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 坂口

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ