お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

トポロジー(位相幾何学)

「トポロジー(位相幾何学)」について(その6)

2011.05.04

これまでのお話・・・「トポロジー(位相幾何学)」について「トポロジー(位相幾何学)」について(その2)「トポロジー(位相幾何学)」について(その3)「トポロジー(位相幾何学)」について(その4)「トポロジー(位相幾何学)」について(その5)「トポロジー」という考え方は、非常におもしろくて、なおかつ東洋医学の考え方と似ている部分が多く、書いていたら長くなっちゃったんですが、あまり突っ込んでいってもどんどん難しくなっていっちゃうんで、ここらで一旦まとめます。またそのうち、「フラクタル」「メビウスのリング」「ホロニック」「クラインの壺」などという、トポロジーから派生する、興味深い概念について、もっと突っ込んで書いてみたいと思います。・・・ここまでのお話の中で、「トポロジー」という考え方は、一見関係ない2つの対象を、「同じもの」ととらえることが出来る。ものの座標軸を自由に変えることが出来る。未知の ....

「トポロジー(位相幾何学)」について(その5)

2011.04.27

これまでのお話・・・「トポロジー(位相幾何学)」について「トポロジー(位相幾何学)」について(その2)「トポロジー(位相幾何学)」について(その3)「トポロジー(位相幾何学)」について(その4)・・・今日はトポロジーの考え方の発展版を、難しくならないように少々紹介します。まず、我々は”3次元空間”に存在しております。ここで、そもそもよく耳にする、この「次元」というのはどういう意味なんでしょうか?・・・あまり深入りしないように説明しますと(てゆーか難しくて深入り出来ないけどネ(苦笑))、次元というのは、「空間の広がりを表す指標」と言いかえることが出来ます。図でいうと、0次元が点、1次元が線、2次元が面、3次元が立体(正六面体で表わされる)となります。(下図参照)そしてさらにここに、「時間」という概念を重ねると4次元、となります。(ちなみに「4次元」というものについて、あえてここでは立ち入りま ....

「トポロジー(位相幾何学)」について(その4)

2011.04.24

これまでのお話・・・「トポロジー(位相幾何学)」について「トポロジー(位相幾何学)」について(その2)「トポロジー(位相幾何学)」について(その3)さあどんどんいきます!!前回、終わりの方で、「トポロジーの発想とは、形にとらわれずに、それがもっている本質を見極めようとするもの」という風に述べさせていただきました。この辺が、「トポロジー」というものが、あらゆる学問によい影響を与えている部分なんだと思います。つまり、どんな複雑な形を持ったものでも、それを簡略化し、抽象化し、同一化することによって、本質を浮かび上がらせやすいという特長があるのです。(ちょっと分かりにくいですかね・・・。)つまり、トポロジー的な発想というのは、「なんか色々ゴテゴテとくっついてるけど、要は簡単に言うとこういうことだろ?・・・てことは結局はあれと一緒じゃんか!!」・・・てことです。(笑)具体的に言うと、(その2)で示し ....

「トポロジー(位相幾何学)」について(その3)

2011.04.22

これまでのお話・・・「トポロジー(位相幾何学)」について「トポロジー(位相幾何学)」について(その2)続きいきます!!前回、コップとドーナツの動画を例に挙げて、トポロジーではこの2つを”同じもの”として扱う、という説明をしました。このコップとドーナツとの間には、「穴が開いている」という形態上の共通点があります。この点で、”同じもの”なのであり、これ以外の、「穴が開いていないもの」や、「穴がいくつも開いているもの」とは違う、と考えます。なぜ「違う」と考えるのかというと、もし穴の開いているものと開いていないものと同じものと考える、ということになると、それを変形していく時に、「穴をふさぐ」という、伸ばしたり縮めたり、曲げたり、歪めたりでは不可能な過程が入ることになり、ここで「連続性が失われてしまう」から、”違うもの”なのだ、と考えます。(・・・まぁここは何となく分かって下さればいいと思います。) ....

「トポロジー(位相幾何学)」について(その2)

2011.04.21

前回のお話・・・「トポロジー(位相幾何学)」について前回の話では、「針灸トポロジー学武会」の会長を務めた、間中喜雄先生の紹介のみで終わってしまいました・・・。(苦笑)まあでも、鍼灸業界の人はもちろん、一般の患者さん達も、こういう立派な先生がいらした、ということは知っておいていいと思うので、いくつか参考になるサイトを紹介しておきます。歴史に残る鍼灸師 間中喜雄間中喜雄先生についてwiki 間中喜雄上記をお読みになると、この先生がいかにすごかったか、よくお分かりになるかと思います。おそらく、「トポロジー」という考え方を鍼灸医学の分野に持ち込んで論文発表したのは、間中先生が世界初ではないかと思います。(もし間違っていたらご指摘ください。)僕にとっても間中先生は、今年の6月から講義にいかせていただく、東洋鍼灸専門学校の元校長先生ですし、僕が所属している(社)日本東洋医学会の発足にも関わった先生です ....

「トポロジー(位相幾何学)」について

2011.04.20

いきなりですが、今日は「トポロジー」という言葉について、解説してみたいと思います。「トポロジー」とは、日本語で「位相幾何学(いそうきかがく)」と言います。「なんでいきなり!?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、それはもちろんいつも通り、「何となく頭に浮かんだから!」です!!(笑)・・・まあしかし、解説といっても、本格的に理解しようと思ったら、よっぽど専門家が書いた入門書でも読んでいただいた方が分かりやすい気もしますので、僕としては、この「トポロジー」なるものを、鍼灸、東洋医学の考え方と絡めて紹介しようと目論んでおります。・・・その昔、我々の業界に「針灸トポロジー学武会」なるものがありました。その学会の学長を務めたのは、間中喜雄(まなかよしお)先生(1911―1989)という、医師でありながら、東洋医学の普及啓蒙に大変尽力した人物です。この先生は、代々外科医の家系に生まれながら、青年期 ....

ブログ記事関連タグ

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ