お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

八綱弁証(診断)

虚実の深さ

2012.09.02

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑ 読者の皆様、 この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m> クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!! ********************************************************************************************** 東洋医学的な診療を行う上で、「虚実」をきっちり分けることは重要。 「八綱」って何ですか? 参照 でも、それが分けれても、ちゃんとそれを調整出来てないと、そのうち生体に思いがけないことが起こって、対 ....

「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方(その3)

2011.06.08

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************これまでのお話・・・「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方(その2)・・・ここまでのお話で、病気の中には、・「性質」が冷えか熱か、・「趨勢」が虚か実か、・「位置」が表か裏か、スッキリと分けられない、ハッ ....

「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方(その2)

2011.06.05

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************前回、東洋医学的に診断、治療するのには、「弁証(べんしょう)」という過程が欠かせないヨ、というお話をしました。そして、たくさんある弁証のやり方の中から、「八綱弁証(はっこうべんしょう)」というものを紹介しました。この、八綱弁証では、病気の何を明 ....

「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方

2011.06.04

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************東洋医学には、「錯雑証(さくざつしょう)」という考え方があります。今日はそのお話をします。(難しくならないように、です。)以前書いたように、東洋医学では、病の全体像を、細かい部分まできっちりと把握するために、「弁証(べんしょう)」を行います。こ ....

「表を以て裏を知る」

2011.02.15

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************とても大事な言葉です。「表を以て裏を知る」今日、先輩とメールでやりとりしていて、フッとこの言葉が頭をよぎりました。以前このブログでも、チラッとこのことに触れたことがあります。「経絡(けいらく)」って何ですか? 参照・・・この言葉は、東洋医学の聖 ....

「八綱」って何ですか?

2010.02.25

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************前回まで、 ⅰ.「表裏」 ⅱ.「寒熱」 ⅲ.「虚実」 という、3つのテーマについて書いてきました。 そして、東洋医学ではこれらの考え方を使って、患者さんの 「どこに」 「どういう」 病があるのかを、まず大まかに診断するんだよ ....

「表裏」って何ですか?

2010.02.24

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************・・・続いて、「表裏(ひょうり)」についてです。日常会話の中でも、「表裏一体」とか、「表裏(おもてうら)のない人」とか、よく言いますよね。要するに「表(ひょう)」というのは見えてる部分、「裏(り)」というのは見えない部分のことを意味します。この ....

「寒熱」って何ですか?

2010.02.23

**********************************************************************************************   ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************前回に続いて、今日は「寒熱(かんねつ)」についてです。人間はみんな、体に「冷やす力」と「温める力」が同時に備わっています。だから、少々の気候変動では、健康状態が左右されることはない訳です。暑ければ薄着をして、それでもダメなら汗をかいて、体内の余 ....

「虚実」って何ですか?

2010.02.22

**********************************************************************************************    ↑↑↑          ↑↑↑ この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m> クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!! ********************************************************************************************** 今日から、東洋医学独特のいくつかの考え方について、簡単に述べてみようと思います。 まずは「虚実(きょじつ)」についてです。 東洋の自然哲学では何もかも全てのものを「気」から出来ていると考え、「陰陽」の二つに分けて考える、とい ....

ブログ記事関連タグ

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ