お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「怒り方」の大事

「怒り方の大事」(その4)

2010.08.20

これまでのお話・・・「怒りかたの大事」「怒り方の大事」(その2)「怒り方の大事」(その3)・・・続いて、怒る人と怒られる人の関係性の重要性について、いきます!そしてここらで一旦、完結しておきましょう。☆「信頼関係」「怒る」というイベントが生じる直前の、2者の理想的な関係性と言ったら、何といってもコレです。・・・コレにつきます。お互いに信頼し合っている関係、これさえあれば、少々キツく怒ったところで、関係性そのものが崩れることはないだろうし、怒られた側はそのことについてよく反省し、怒った方も少々心をいためるぐらいなもので、その後も「円滑に」関係は続きます。何年でも、何十年でも、です。コレが、「怒る」という、人間の生理現象の、「本来の」、「普通な」、姿な訳です。問題になるのは、この「信頼関係」がない中で、誤った怒り方を、誤ったタイミングでやり続けたりすることです。コレをやってしまうと、様々な不幸 ....

「怒り方の大事」(その3)

2010.08.19

これまでのお話・・・「怒りかたの大事」「怒り方の大事」(その2)・・・続いて、考えてみましょう。僕はなんだか知んないけど、この話題、けっこう好き。(笑)そもそも「怒る」ということが果たして人間にとって必要か、と考えると、僕はもちろん「必要」だと思います。コレがなかったら、みんな病気になっちゃいます。・・・この辺の話は、以前「七情」についてで解説していますので、ご参照あれ。☆「怒り方」の技術論・・・ここで言う「怒る」というのは、「叱る」、つまり、「相手の行動に対して、それの善悪をキッチリ理解させること」の場合で考えてみたいと思います。1.感情が先行してしまうパターンこれは要するに、すごい剣幕で、ヒステリックに勢いよく、うなり倒すパターンです。コレだと、「そんなに怒らんでもいいじゃん・・・。」と、相手は内心では、不満を感じます。そして、「でもめんどくさいから謝ったふりだけしとこ。」となり、結局 ....

「怒り方の大事」(その2)

2010.08.18

前回のお話・・・「怒りかたの大事」昨日は中途半端なところで失礼しました。(苦笑・・・いいとこだったのにネ。)怒っても相手との関係性が崩れないためには、一体どんな怒り方、どんな関係性を構築すればよいのでしょうか。☆「怒る」と「叱る」この2つは、辞書で調べても意味的に大きな違いはないと思います。しかし、「怒る」の場合は、その対象との関係性はあまり関係なく、「叱る」の場合はその対象が”目下のもの”という、言わば「ニュアンスの違い」があるようです。例えば「上司が部下を叱る」とか、「親が子供を叱る」と言う方が、「怒る」と言うよりも何となくしっくりきますね。(笑・・・そうでもない?)・・・まあとにかく、分かりやすく言うと、「怒る」は自分の不満や感情を相手にただぶつけること、「叱る」は相手の行動、言動に対して、ことの善悪をしっかりと理解させること、と解釈すればいいと思います。となると、治療者が患者さんに ....

「怒りかたの大事」

2010.08.17

お盆中、奈良の藤本漢祥院に見学にいった時、一人、蓮風先生にガツンと怒られている患者さんを見ました。なんでそうなったのかは長くなるのであえて書きませんが、僕もその現場を横で見ていて、「あー、そりゃ無理もないわ。」と、思っていました。でももちろん、蓮風先生は怒りっぱなしにはしていません。その後キチッとしたフォローをしておられました。・・・僕も、正直、ごくたま~にですが、患者さんに怒ることがあります。毎日何人も患者さんを診ていると、中には、自分のしていることをまったく棚に挙げて、治らない、あるいは治りが悪い、と、こちらを詰問してくる患者さんがいます。(・・・医者と神様は違いますよ?)また、こちらがあらかじめ禁止しておいたことを平然とやってのけ、それによる悪化や不安をこちらにぶつけてくる患者さんもいます。(・・・コレは単純に失礼です。)あるいは、こないだ声高に述べていた症状のことはどこかへ消えてし ....

ブログ記事関連タグ

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ