お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

花粉症と東洋医学

花粉症考(目の痒み篇)

2013.03.30

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑ この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m> クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!! ********************************************************************************************** これまでのお話・・・ 「花粉症」について 「花粉症」について(その2) 「花粉症」について(その3) 患者さまの声(30代男性:突発性難聴、花粉症) 患者さまの声(20代男性 6年続く重度の花粉症) 黄砂やらP ....

花粉症考(くしゃみ篇②)

2013.03.28

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************前回のお話・・・花粉症考(くしゃみ篇)早速、続きいきます!! 前回、くしゃみは病的なものばかりではなく、症状が回復する時に出るものもある、というお話をしました。今日は、くしゃみする前の、あの鼻がムズムズする感じ、「鼻痒(びよう ....

花粉症考(くしゃみ篇)

2013.03.27

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************今日、患者さんが面白いことをおっしゃった。 その患者さんも、整形外科的な問題や、婦人科疾患や皮膚科疾患はあるものの、現在のメインの症状は花粉症。清明院で治療し、諸々の症状は楽になってきているが、今日、清明院で治療している最中に ....

花粉症考(鼻水篇②)

2013.03.26

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************これまでのお話カテゴリ 花粉症と東洋医学 参照今日は、”鼻から酒が出てくる”という話です。(笑) まあ花粉症に限らず、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎、蓄膿症などの、鼻の疾患で悩んでいる患者さんは意外と多いものです。そしてこれは、命 ....

花粉症考(鼻水篇)

2013.03.23

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************花粉症に関して、これまで色々書いてきた。カテゴリ 花粉症と東洋医学 参照 今日は、花粉症の主要な症状である、「鼻水」「鼻づまり」について、どのように対策をとるべきか、考えてみたいと思います。東洋医学では、鼻水は「鼻流涕(びりゅ ....

黄砂やらPM2.5やら・・・

2013.03.09

**********************************************************************************************     ↑↑↑          ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************すっかり暖かくなり、「春」って感じがしますね~♪ 今年は花粉の飛散量が、前年の比じゃないぐらい多いらしく、しかも花粉に混じって黄砂やら、PM2.5という謎の物質やらが飛んでいるらしいです。なんでも、今日は国から、外出を控えるよ ....

患者さまの声(30代男性:突発性難聴、花粉症)

2011.04.05

「患者さまの声」をいただきましたので、紹介します!!30代 男性 症状:突発性難聴による聴覚障害、花粉症 ある朝目が覚めると、耳がくぐもった感じでした。何の前触れもなく、突然です。中耳炎にでもなったかな?と、軽い気持ちで耳鼻科に行ってみました。ところが検査してみると、鼓膜に異常はなく、いわゆる「突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)」ではないかとのお話。耳の奥の「うずまき」が機能不全とのことで、症例は多いが原因がわかっていない病気だそうです。とりあえず、有効とされているステロイド剤や、血行を良くするビタミン剤、むくみをとる利尿剤などを処方され、様子をみることになりました。薬は多少は効くようでしたが、完治するまでには至らず、このままステロイドを飲み続けるのもどうかと思い、妻の勧めで清明院を訪ねました。まずは問診。今回の症状についてだけでなく、生活や体質なども詳しく聞かれました。そして鍼。驚い ....

「花粉症」について(その3)

2011.02.06

以前(去年)、花粉症について、2回ほど書きました。「花粉症」について「花粉症」について(その2) 参照最近も、ぼつぼつ患者さんに聞かれることが増えてきました。「・・・先生、花粉症って鍼で何とかなりますか??」僕は、「うん、楽になるよ~。」とお答えするようにしています。おそらく患者さんとしては、はっきりと、「治るよ!!」と言って欲しいんじゃないかと思いますが、残念ながらこの言葉を簡単に言う訳にはいきません。東洋医学は、別に西洋医学の病名に基づいて治療を考える訳ではありませんので、「花粉症」だから、イコール確実に治る、とは厳密には言い切れません。西洋医学のアレルギーテストで、「花粉症」という名札が付いていたとしても、症状の出方も程度も千差万別、一概にそれを東洋医学的に語ることは出来ません。当然、その患者さんのもともとの体質、今現在の生活習慣、置かれている環境によって、効果の善し悪し、治療のしや ....

「花粉症」について(その2)

2010.03.09

前々回に引き続き、花粉症に対する、東洋医学の考え方を簡単に紹介してみたいと思います。東洋医学には、「花粉症」という概念がありません。もっと言うと、「アレルギー」という概念すらありません。・・・でも治療法はあるのです。どうしてでしょうか。まず、花粉も、ホコリ(ハウスダスト)も、自然界にはあって当たり前です。花粉やホコリ自体に毒があるなら、杉林の中に住んでる人とかどうするんでしょうか。要は、それに対して過剰に反応してしまい、鼻だの喉だのに異常を起こす、その生体の側に、すでに何らかの問題があるはずだ、と考えます。そしてこの場合、体の「何がどう」おかしくなっているか、ということを明確に理解しなくてはいけません。ここまでは、東洋医学も西洋医学も同じです。しかし、人体に対する認識の仕方、分析方法が異なるため、ここから先は大きく違ってきます。東洋医学では、「春先」という時期には、五臓の中の「肝」という臓 ....

「花粉症」について

2010.03.07

この時期、問題になるのが「花粉症」です。コレ、実は僕自身も以前、なったことがあります。ですので、患者さんの気持ちがとてもよく分かる疾患の一つであります。・・・しかしここ何年かは、症状がまったく出ていません。コレに関しては、西洋医学の耳鼻咽喉科の先生方も手を焼いていらっしゃるようで、なかなか決め手となるようなイイ手段がない、というのが現状ではないでしょうか。僕自身の時がそうでした。僕はいつも自分が体調を崩した時には自分で自分に鍼をするんですが、たまに”あえて”病院というものにかかってみて、西洋医学ではどんなことをするのか参考にしたりします。花粉症になった時も行ってみたのです。(笑)清明院にも、先週ぐらいからチラホラ花粉症の症状を訴えて来られる患者さんがいますが、「薬をもらったけど、あんまり楽にならない!」とか、「楽にはなるけど、また来年も同じかと思うと意味がない(治っていかない)気がする。」 ....

ブログ記事関連タグ

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ