お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

熱中症と東洋医学

「熱中症」について(その6)

2011.07.06

前回までのお話・・・ 35℃超え!! 「熱中症」について  「熱中症」について(その2) 「熱中症」について(その3) 「熱中症」について(その4) 「熱中症」について(その5) サーサー、どんどんいきましょう!! 本日も、「熱中症」に関する不安なニュースがやっておりましたね・・・。 なんでも、6月中に病院に運ばれた人の数が去年の3倍なんだとか・・・。 そしてすでに全国で20人以上の人が亡くなっているんだとか・・・。 にもかかわらず、震災以降、今全国で共通の話題は「節電」です。 関東、東北は特にです。 ということは、今年は例年よりもうまく体温調節、水分調節できずに、熱中症で運ばれる人、命を落とす人が増えるのかもしれません。 清明院の患者さんでも、吐き気がするとか、足がつったとか、軽~い熱中症と言っていいような症状を起こした患者さんが何人かいらっしゃいまし ....

「熱中症」について(その5)

2011.07.05

前回までのお話・・・35℃超え!!「熱中症」について 「熱中症」について(その2)「熱中症」について(その3)「熱中症」について(その4)続いていきます!!熱中症が起こりやすいパターンの3つ目、「激しい運動をしたとき」のお話に参ります!今日はそれを東洋医学ではどのように考えるか、というお話です。まあコレも、専門的には激しく「どんな」運動をしたのか、というところまで、本当は考えないといけないんですが、今日は大づかみバージョンのお話をさせていただきます。激しい運動をするということは、気が体を盛んに巡る、ということであります。ですので脈拍も早くなるし、呼吸も早くなりますし、体温も生理的に上昇しようとします。気が体を盛んに巡れば、言わば交通量が増えて、生理的な鬱滞(というか充満)を生じ、「熱」を生じます。その熱が、汗として十分に発散されてくれれば、余分な熱(邪熱)は生じませんが、汗がうまく出ない、 ....

「熱中症」について(その4)

2011.07.03

前回までのお話・・・35℃超え!!「熱中症」について 「熱中症」について(その2)「熱中症」について(その3)続いて行きます!大量発汗時、水分や塩分、ミネラルを十分に補給しなかった場合も、熱中症が起こることがあります。今日はこれを東洋医学ではどう考えるか、という問題です。コレを理解するには、「発汗」という現象によって東洋医学的な”人体”に何が起こるのか、を簡単に理解しなくてはいけません。「発汗」というのは、一般的には老廃物排出機構&体温調節機構です。コレは東洋医学的に考えてもそうで、正常であれば汗によって余分なお水(水湿の邪)、余分な熱(熱邪)を体外に排出してくれている訳です。つまり、ある程度出てくれて、止まってくれれば何ら問題のない生理現象です。これが、過度の運動や、暑熱環境、あるいは”必要なだけ出してしっかりと汗を止める”という力がうまく発揮できない場合なんかに、「汗かき過ぎ(発汗過多 ....

「熱中症」について(その3)

2011.07.02

さて、前回までのお話・・・35℃超え!!「熱中症」について 「熱中症」について(その2)前回、熱中症が起こる現代医学的なメカニズムについて、甚だ簡単ではありますが書きました。今回は、熱中症が起こる状況として有名な、・暑熱環境にいる・大量発汗している・激しい運動をしているということが、人体にどのような影響を及ぼすかについて、「東洋医学的に」考えてみたいと思います。まず、暑熱環境についてですが、コレは外界の「熱邪(ねつじゃ)」、「暑邪(しょじゃ)」がきつい環境、という風に考えます。(これ、要は”自然界の余分な熱”です。)「風」「火」について「湿熱」について   参照こういう時、もともと体が冷えている(温める力が弱っている)人にとっては、そんなにつらくないか、むしろ楽だという人もいます。暑い時期や暑い場所にいると、極端に具合が悪くなる人、というのは、もともと体に「邪熱(じゃねつ)」、「内熱(ない ....

「熱中症」について(その2)

2011.07.01

さて、前回までのお話・・・35℃超え!!「熱中症」について 前回の終わりに、同じように暑い環境にいても、同じように水分補給をしていても、熱中症を発症する人としない人がある、と述べました。コレは厳然たる事実ですよね?今日もニュースで、目黒区の小学生が6人、熱中症で病院に搬送された、とニュースでやっていました。児童6人、熱中症の疑い 東京・目黒の不動小学校・・・この病気は、早めに病院に送っちゃえば大事に至らないケースがほとんどです。これから、7月8月と、全国のありとあらゆる病院の救急外来が、熱中症患者だらけになることでしょうな・・・。頭では分かっているようでも、いざなってみたり、なった人を目の前にすると、素人ではなかなか冷静な判断が出来ないものです。・・・が、そうはいっても、出来れば病院に行かずに済ませた方がいいです。6人の児童の親御さんも、学校から第一報を受けた時は気が気じゃなかったことでし ....

「熱中症」について

2011.06.30

昨日の記事を受けて、たまには真面目に「熱中症」というものについて、僕の考えを述べてみたいと思います。(笑)・・・と言っても、西洋医学的な熱中症の程度分類やら、塩分やミネラルのお話、意識障害やけいれんについてとか、あまり専門的過ぎる話しをするのもどうかな~、僕自身がつまんないな~、と思いますし(苦笑)、そういうサイトはゴマンとあるんで、ここでは、要するに患者さんが知りたいことっていうのは、1.熱中症熱中症って、コワいコワいって言うけど、要するにどうすれば回避できるの??2.それでも、もしなっちゃったら、どうすれば最小限に食い止められるの??3.熱中症に対して、東洋医学はどう考え、何が出来るの??という3点に尽きるかと思いますので、この3点について書いてみたいと思います。・・・まあ、まずは熱中症の定義ぐらいは、簡単に述べておきましょう。「熱中症(暑熱障害 Hyperthermia)」というのは ....

35℃超え!!

2011.06.29

いや~、いよいよ夏到来ですねえ・・・♪僕は海の近くで生まれたせいか、個人的には夏が好きなのです。(←論理性皆無)なぜだか妙にテンションが上がります。(苦笑・・・まわりは低くても。)本日、都内でもついに35℃を超えた、とニュースでやっていました。清明院の患者さん達、突然の暑さから、水分をガブガブ。(暑くてもがぶ飲みとかアイス過食とかは極力控えてね~って、言ってるのにナ~・・・。ちなみに外作業等の、大量発汗時は、話は別よ。念のため。)まーとにかく、そのせいで、体が余分なお水でジャボジャボ。タプンタプン。デロンデロン。どんどん排出しなきゃいかんのに、かえって汗やお小水が出にくくなってる人なんかもいたりして、危なくてしゃーない。(苦笑)そんなこんなで、体重い、集中力ない、のぼせてめまいがするなどなど、色んな症状の患者さんが見えております。勉強になりますです、はい。まあ微妙な違いはありますが、根本的 ....

「肺」って何ですか?(その10)

2010.09.12

**********************************************************************************************        ↑↑↑        ↑↑↑この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!**********************************************************************************************これまでのお話・・・「肺」って何ですか?(その1)「肺」って何ですか?(その2)「肺」って何ですか?(その3)「肺」って何ですか?(その4)「肺」って何ですか?(その5)「肺」って何ですか?(その6)「肺」って何ですか?(その7)「肺」 ....

ブログ記事関連タグ

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ