お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

SAS(睡眠時無呼吸症候群) (2)

2019.01.10

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細は こちら  !!

 

 

***************************************************************************************

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

 

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます!樫山です。

 

 

 

 

お正月も過ぎ、日常に戻っておりますがいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

 

↑  ↑  ↑

 

こちらのブログの続きいきます。

 

 

 

 

前回はSASとはどんな症状の事を指し、どんな診断が行われていたかを書きました。

 

 

 

 

今回は、その治療法CPAP(シーパップ)について調べてみました。

 

 

 

 

前回書いた、スクリーニング検査でAHI40以上、または確定診断でAHI20以上で保険診療での治療が適用となります。

 

 

 

 

CPAPとは、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかける方法です。

 

 

 

 

CPAP療法の原理は、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというもの。

 

 

 

 

この圧力調整も、人によってはなかなかうまくいかないこともあり、医師の指示のもと行わなくてはならないようです。

 

 

 

CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

 

 

 

 

私が実際に見た事のある装置は、コンパクトなサイズでほんとうにこれで上記の様な事ができるのと思いました。

 

 

 

 

SASが軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。

 

 

 

 

しかしある程度症状が進んでしまった患者さんは、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなかとりくむことができない悪循環になってしまいます。

 

 

 

 

CPAPの使用により、睡眠中の無呼吸を改善し、質の高い睡眠を取るという事がこの治療法です。

 

 

 

 

 

***************************************************************************************

 

            にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ