お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

2018.12.20

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細は こちら  !!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

 

いよいよ年末が近くなり、慌ただしくなってきた人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

忙しさでしっかり休息、睡眠を取れていなかったりしませんか?

 

 

 

 

あと少しで今年も終わってしまいますが、体調を整えて元気に新年を迎えたいものです。

 

 

 

 

反対に、しっかり睡眠時間を取っているのに日中に強い眠気がでたり、熟睡感がなかったり、起床時に頭痛がしたりするという様な症状を訴える患者さんがいます。

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

 

 

 

 

Sleep Apnea Syndromeの頭文字をとって、「SAS(サス)」とも言われ、上記のような症状がある患者さんの中にはSASと診断されている方もいます。

 

 

 

 

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩、7時間の睡眠中に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸ということです。

 

 

 

 

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

 

 

 

 

問診などでSASが疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査や睡眠ポリグラフ検査(PSG)にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。

 

 

 

 

PSGにて、1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI)が5以上であり、かつ上記の症状を伴う際にSASと診断します。

 

 

 

 

その重症度はAHI5~15を軽症、15~30を中等症、30以上を重症としています。

 

 

 

 

AHIが20以上で日中の眠気などの症状があるSASの場合は、経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous posi-tive airway pressure:CPAP)が標準的治療とされています。

 

 

 

 

これは、よく耳にするシーパップ(CPAP)という治療法で、往診で患者宅に行くとベッドサイドに機械が置いてあったりします。

 

 

 

 

CPAPは睡眠中にマスクを介して持続的に空気を送ることで、狭くなっている気道を広げる治療法です。

 

 

 

 

続く・・・・

 

 

 

関連ブログ

↓  ↓  ↓

 

院長ブログ

 

スタッフブログ

 

 

 

 

***************************************************************************************

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ