お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

YUKIGUNI②

2019.04.10

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

こんばんは。大竹です。


 
前回、日本最高齢の現役バーテンダーであり、スタンダードカクテルとして広く親しまれている「雪国」を生み出した井山計一さんのドキュメンタリー映画「YUKIGUNI」を観に行ったというお話をしました。
 
 
前回のお話はこちら
 
 
今回は「YUKIGUNI」を観て、感じたことを書こうと思います。
 
 
井山さんのバーに集まる方はやはり雪国を飲みに来るわけですが
 
 
井山さんは、お店に入って来たときから席に座り、会話をし始め雪国を頼むまでを観察し、一杯の雪国を作るそうです。
 
 
そのため、「雪国というカクテルではあっても少しづつ、その人に合うように分量を変えて作っている」とお話していました。
 
 
また、「その人を見て、どんな感じでお店に来たか、会話した時の感じがどうだったかを感じて、
 
 
頼まれたお酒でその人が一番美味しいと思える一杯を作り、そして美味しいと思ってもらえることがバーテンダーだと思う。」と井山さんはお話していました。
 
 
このお話を聞いた時、私たちも似ているなと思いました。
 
 
来院された時や往診でお宅にお邪魔した時の患者さんの感じや表情を見て、問診している時、その患者さんがどんな感じかをしっかり感じ取り、一番効果のある鍼を行う。
 
 
バーテンダーも気付く力、感じ取る力が大事なんだなーと思い、私自身ももっと身につけ、患者さんに貢献できるようにならないと,
と思いました。
 
 
次回に続く
 
 
映画に関するブログはこちら
 
 
 
***************************************************************************************
 
 
 
 

             にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

 

関連記事: 大竹

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ