お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

立夏②

2018.05.14

****************************************************************************************

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト 

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

**************************************************************

 

 

 

こんばんは。齋藤です。

 

 

 

前回の続きです。

 

 

 

立夏

 

 

 

前回、立夏は夏の始まりと書きましたが、季節が春から夏に変わることにより、東洋医学的に様々な変化が起こると考えられています。

 

 

 

夏は蕃秀(ばんしゅう)といい、万物が成長して繁栄華美なることをいい、陽気の盛んな季節になります。

 

 

 

人の体も、夏の暑さを受けすぎないように、陽気を発散しています。

 

 

 

夏はその陽気を作り出すために、一番陽気の多い臓器、心の臓が最も活発に働く季節です。

 

 

 

陽気を発散するときに出る液が汗で、汗は心の液ともいわれています。

 

 

 

汗を出すことで、人の体は、熱を発散しています。

 

 

 

心の蔵の働きが一番活発になる季節であり、心の臓の状態に一番気を付けなければならない季節でもあります。

 

 

 

心の臓の働きが活発になるため、その分、心の臓の疲労を取り除かなければなりません。

 

 

 

その為に、苦味のあるものを食べると良いですよと考えられています。

 

 

 

夏で苦味のある食べ物というと、ゴーヤ、ピーマン、セロリなどですかね。

 

 

 

飲み物だと、ビールがすぐ思い浮かんでしまいますね!

 

 

 

ビールの飲み過ぎは、胃腸に負担をかけるので、お勧めしませんが(笑)

 

 

 

ですが、夏は苦味がいい!と言って、過食しすぎると、苦味を嫌う肺の蔵にダメージを与えてしまいます。

 

 

 

その為、肺の蔵を回復してくれる、辛味を少し加えてあげると良いいですよと考えられています。

 

 

 

また、その中で、少し甘味のあるものを補ってあげると、なお良いようです。

 

 

 

ただ、この甘味はケーキとアイスとかではなく、牛肉や卵、豚肉などといった甘味に属する食べ物を指します。

 

 

 

これらが入っている、代表的な食べ物といったら、ゴーヤチャンプルーですね。

 

 

 

辛味は?となりますが、調理するときに、胡椒や唐辛子を加えましょう、、、、、少し強引ですかね?笑

 

 

 

また、夏になると気を付けなくてはならないのが、熱中症や脱水ですね。

 

 

 

その予防策として考えられているのが、水分、塩分補給ですね。

 

 

 

しかし、その塩分を取りすぎてしまうと、逆に心の臓を痛めてしまう可能性が高いと考えられています。

 

 

 

また塩分は体の中に熱を籠らせやすいと考えられています。

 

 

 

その為、塩分は加えるが薄味を意識して、夏野菜を取るなどして、うまく体の熱を発散させるとよいと言われています。

 

 

 

ただ、現代は冷房という体を冷やす機械があるので、生で食べるというより、熱を加えてあげると良いかもしれません。

 

 

 

しかし、冷房などが常にある環境にいて、うまく熱を発散できない環境にいる方は、夏野菜カレーや、鍋など食べて熱をうまく発散させてあげるのも、ひとつの方法ですね。

 

 

 

夏は苦味、辛味、甘味を中心にバランスの良い、食生活を心がけましょう!

 

 

 

院長ブログ

 

 

 

スタッフブログ

 

 

 

*****************************************************************************************

読者の皆様、こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

 

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

*****************************************************************************************

清明院オフィシャルホームページ(PC)



清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 齋藤

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ