お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

夏至の食べ物

2018.06.21

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

   ↑↑↑         ↑↑↑

 

読者の皆様、 上のバナーを1日1回クリックにご協力下さい!<m(__)m>

 

************************************************************************************** 

 

 

 

 

おばんでございます。樫山です。

 

 

 

 

今日は二十四節句の夏至でした。

 

 

 

 

ちょうど一年の半分にあたる時期で、冬の冬至とは反対に昼の時間が最も長く夜が最も短い日とされています。

 

 

 

 

今日の東京は午後から晴れ間もあり、19時過ぎまで明かるく日の長さを感じる事ができました。

 

 

 

 

さて、全国的に冬至ではかぼちゃを食べる習慣がありますが、夏至にはこれといった習慣はないように思います。

 

 

 

 

この時期の農家は田植えなど農作業が忙しい時期なので祝い事などしていられなかったという説もあるそうです。

(たしかに寒い時期の方がいろんな風習が多い様な気もします。)

 

 

 

 

しかし、夏至に関しても、各地方によって、しっかりと風習が残っているようです。

 

 

 

 

関東地方などでは米と小麦を両方作っていた農家が多かったようで、今の時期は小麦で餅を作り、神様に収穫の感謝と米の豊作を願ったそうです。

 

 

 

 

関西地方では、タコを食べる習慣があり、タコの8本足の様に田植えの苗もしっかり根付く様にと願いが込められているようです。

 

 

 

 

また、京都では一年のちょうど折り返しに、半年間の罪や穢れを祓い、残りの半年間の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われ、この時に水無月という小豆を使った和菓子を食べるそうです。

 

 

 

 

その他にも各地方によって風習があるようですが、やはり夏至に関する風習はイメージが薄いですね。

 

 

 

 

まだまだ梅雨が続き、体調管理が難しい気候ですので、身体に無理をかけないようご自愛ください。

 

 

 

 

 

関連ブログ 

↓  ↓  ↓

院長ブログ

 

スタッフブログ

 

*****************************************************************************************

 

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

関連記事: 樫山

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ