お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

小寒

2019.01.14

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************

      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

こんばんは。齋藤です。

 

 

 

本日は成人の日ですね。

 

 

 

毎年、成人の日は、雪が降る事が多いですが、今年はどうでしょうか?

 

 

 

少し、過ぎてしまいましたが、先週の1月5日に、二十四節気でいう「小寒」を迎えました。

 

 

 

「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也」と暦便覧に記載されているように、池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。

 

 

 

この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。

 

 

 

そして、小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。

 

 

 

1月5日から業務を再開しているのですが、その頃から寒さが一層厳しくなった気がしますね。

 

 

 

古人は本当に自然を観察していますね。

 

 

 

それでは、七十二候にはどのように記載されているのでしょうか?

 

 

 

芹乃栄(せりすなわちさかう)

 

 

 

1月5日頃で、芹が盛んに育ち始めます。

 

 

 

春の七草のひとつで、7日の七草粥に入れて食べられます。

 

 

 

七草粥皆さん食べましたか?

 

 

 

水泉動(しみずあたたかをふくむ)

 

 

 

1月10日頃で、地中で凍っていた泉が動き始める頃。

 

 

 

かすかな温かさを愛おしく感じる時期です。

 

 

 

まだまだ空気は冷たく、地上のあらゆるものが凍りつく寒さ厳しい時期ですが、目には見えずとも、地中では陽気が生じ、春に向けて少しずつ動き出しています。

 

 

 

・雉始雊(きじはじめてなく)

 

 

 

1月15日頃で、雉が鳴き始めます。

 

 

 

雄がケーンケーンと甲高い声をあげて求愛します。

 

 

 

雉が鳴いているところを聞いたことが無いのですが、鳴き声を聞いたことありますか?

 

 

 

雉は、地震を予知して鳴くと言われ、古くからその挙動が注目されていたそうです。

 

 

 

足の裏で震動を敏感に察知できるからだそうです。

 

 

 

初耳ですね。

 

 

 

地震を予知してくれるのは、なまずだけではなかったみたいです。

 

 

 

少しずつですが、春に向けて陽気が高まり始めた感じが、七十二候で伝わってきますね。

 

 

 

寒さはまだまだ厳しいですが、体調を崩さないよう、気を付けてください。

 

 

 

院長ブログ

 

 

 

スタッフブログ

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

 

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

 

関連記事: 齋藤

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ