お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

大寒

2019.01.21

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!

**********************************************************************************************

 

 

 

こんばんは。齋藤です。

 

 

 

年が明けたと思ったら、あっという間に1月が終わってしまいそうですね。

 

 

 

そんな、時間の流れの速さを実感する昨日1月20日に二十四節気で言う、「大寒」を迎えました。

 

 

 

「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記載されている通り、一年で一番寒さが厳しくなる頃です。

 

 

 

三寒四温という言葉の様に、寒い日が三日間続くと、その後は四日間温かくなり、寒い中にも少しだけ春の気配を感じられるようになります。

 

 

 

それでは、七十二候にはどのように記載されているのでしょうか?

 

 

 

款冬華(ふきのはなさく)

 

 

 

1月20日頃で雪の下からふきのとうが顔を出します。

 

 

 

香りが強くほろ苦いふきのとうは早春の味。

 

 

 

小さい頃は苦くておいしく感じなかったのですが、年を重ねるごとにあの苦さがたまらなくなってきましたね。

 

 

 

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

 

 

 

1月25日頃で、沢に厚い氷が張りつめます。

 

 

 

沢に流れる水さえも凍る厳冬ならではの風景です。

 

 

 

なかなか都心では見かけない光景ですよね。

 

 

 

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

 

 

 

1月30日頃で、鶏が鳥屋に入って卵を産み始めます。

 

 

 

本来、鶏は冬に産卵せず、春が近づくと卵を産みました。

 

 

 

???という感じになりますよね。

 

 

 

養鶏が中心となった現代では分かりづらい状況となってしまいましたが、本来、鶏の産卵期は春から初夏にかけてで、卵はその時期にしか生まれない貴重品でした。

 

 

 
今は季節を問わず店頭に並ぶため、旬の感覚は希薄ですが、卵の旬は2~4月です。

 

 

 
春の卵は、母体の中でゆっくり時間をかけて成熟していくため栄養価が高くなるといわれています。

 

 


そんな卵の旬は、春の使者であるふきのとうが顔を出し、花が咲く頃と重なります。

 

 

 

寒い中、健気に芽吹き始めるふきの生命力に、どこか希望も感じられますよね。

 

 

 

春はもう少しです。

 

 

 

体調管理には充分気を付けていきましょう。

 

 

 

院長ブログ

 

 

 

スタッフブログ

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

 

 

 

 

関連記事: 齋藤

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ