お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

曇り空の隙間から月をみる。

2018.09.26

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

募集内容の詳細はこちら !!

 

*****************************************************************************************

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

 

 

 

こんばんは。二神です。(^0^)v

 

 

なかなか天候が安定しない日が続いております。

 

 

今週も天候が不安定で、今後の台風の動向も気になりますが元気に往診したいと思います。

 

 

さて、先日9月24日は中秋の名月でしたが、皆さんはお月見はしましたでしょうか。

 

 

私は仕事だったため、お団子を食べながらゆっくり月を眺めることは出来ません

 

 

でしたが、往診中に雲の隙間から月が見えた時に綺麗だなと感じ、

 

 

その時に、今日はお月見だと気付きました。(笑)

 

 

このお月見=中秋の名月を楽しむようになったのは平安時代からだと言われており、

 

 

中国から伝わってきたものだとされています。

 

 

十五夜の基本は、ベランダや縁側など月を眺められる場所に月見台を置き

 

 

三方に団子や里芋、果物などお供え物を飾って月を楽しむのが一般的となっています。

 

 

団子の数は、その年に出た満月の数として12個供えるという説や、十五夜にちなんで

 

 

15個をピラミッドのように並べるという説もあり、一番上の団子は霊界との懸け橋に

 

 

なるとも言われています。

 

 

また、お月見といえばススキを飾ることでも有名ですが、これはススキが秋の七草の一つ

 

 

であることや、白い尾花が稲穂に似ている為、魔除けになり一年間病気をしないという説、

 

 

他にも月の神を招く目印として飾るとも言われています。

 

 

また、里芋や栗など収穫されたばかりの農作物をお供えするのも、

 

 

豊作に感謝をするためで、中秋の名月は別名、芋名月とも言われます。

 

 

秋は様々な農作物の収穫が行われる時期で、昔は月明かりを頼りに農作物の手入れや

 

 

収穫を行っていたそうです。

 

 

その為、農業にとって月は欠かせないもので非常に重要なものだとされていました。

 

 

お月見にもいろいろな意味があるようです。

 

 

 

 

長くなりそうなので次回に続く。。。

 

 

 

 

 

 

 

関連ブログ

 

→ スタッフブログ

 

 

 

 

 

*****************************************************************************************

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

読者の皆様、 こちらのバナーのクリックにご協力下さい!

*****************************************************************************************

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 二神

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ