お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

ハーブ

2019.11.30

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

募集内容の詳細はこちら!!

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

こんばんは坂口です。

 

 

 

 

 

前回までスパイスについて書いてきましたので今回からハーブについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーブといえば精油を使用したアロマテラピーなどに使われますが、そもそもハーブとはどう言う意味なのかご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

ハーブの語源はラテン語のヘルバ(herba)に由来するそうで意味は草だそうです。

 

 

 

 

 

 

ハーブの定義は色々あるようですが、食用として使えるなど人にとって有用な植物を一般的にはハーブと呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

必ずしも香りがあるとは限らず、香りを特徴とするハーブを香草と呼びます。

 

 

 

 

 

 

ハーブといえばローズマリーやカモミール、ラベンダーなどが有名ですね。

 

 

 

 

 

 

日本の植物ではシソやワサビなどもハーブになります。

 

 

 

 

 

 

ハーブはそのままで使う場合と乾燥させて使う場合があり、

 

 

 

 

 

 

乾燥ハーブは長期保存が出来て季節に左右されず、成分が濃縮されているため抽出がしやすい、

 

 

 

 

 

 

 

生のままのフレッシュハーブは季節のハーブを新鮮な香りを楽しめるという特徴があります。

 

 

 

 

 

次回に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

「エキテン」清明院サイト

清明院オフィシャルホームページ(PC)

関連記事: 坂口

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ