お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「熱があるんですけど…」

2010.01.08

たまーに、治療の予約が入っている患者さんから、その日になって電話がかかってきて、

「ちょっと風邪ひいちゃったみたいで熱があるんですけど、鍼しても大丈夫なんでしょうか?」

と聞かれることがあります。僕の答えは当然、

「もちろん大丈夫です。歩くのもつらいような状態じゃないのであればお越しください。鍼にはむしろ熱を早く下げる効果もあります。」

と、答えます。ここでもし、

「歩くのもつらい状態なんですけど…。」

と言われてしまったら、そのときの状態(症状)を電話で聞ける限り聞き、養生のやり方をお伝えするか、場合によっては救急で病院に行ってもらうのを勧めることもあります。

・・・一般的には、発熱時は鍼灸はやっちゃダメ!という認識が根強くあるようです。

なぜそうなのかについてはまた今度語ることにして、東洋医学では、数千年も前から、風邪のみならず、熱の出る病気に対しては、あらゆる考え方や方法論が試されています。

ちゃんと鍼灸や漢方で発熱する疾患に対応し、結果を出してきたと、あらゆる文献に残っていますし、

現代でも、中国や韓国などでは、風邪をひいたときに鍼するなんてことは別に当り前のことです。

「風邪をひいて熱が上がっている状態」

というのは、東洋医学では外から入ってきた冷えや異物(邪気)に対し、患者さんの体(正気)が一生懸命戦っている状態、と考えます。

ということは体の「陰陽」のバランスを整えて、「治る力」を増強する鍼灸は、体にしてみたらこの戦いの強い味方なんです。

よって、熱があっても鍼して全然問題ない、むしろやるべき!という風に僕は考えています。

ちなみに、今日来た患者さんでも、風邪をひいて38℃弱発熱している方がおられましたが、治療後体温を計ってみると、多量の発汗とともに36.6℃まで下がっていました。

・・・まあ、事実だからしょうがないですね(笑)効くものは効きます。

(ただ、断わっておきますがどんな発熱でも鍼すれば間違いなくその場で下がる訳ではないですよ。誤解なきように!)

ですから、最近話題になった新型インフルエンザなんかも、鍼では全くお手上げかというと、技術的には全然そんなことないです。

しかし、ああいった感染力の強い感染症の場合は、保健所への届け出等、法律的な問題も関与してきますので、一般の鍼灸院で診るケース自体がすくない、ということなんです。

・・・ちなみに今日書いたのは、あくまでも僕が思う、「正しい鍼灸」をやった場合においての話ですけどね(笑)

この医学に対する「正しい」認識をどうか持っていただきたい、と思います。


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!
清明院に皆様のお力を!<m(__)m>

↓↓清き1票を!        ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』 

関連記事: カゼと東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ