お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

全日本鍼灸学会に参加してきました!! ④ 全日の歴史

2018.06.08

DSC_2469.JPG

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

これまでのお話

 

全日本鍼灸学会に参加してきました!! ① 午前編

全日本鍼灸学会に参加してきました!! ② 午後編1(新風先生講演)  

全日本鍼灸学会に参加してきました!! ③ 午後編2(女性鍼灸)     参照

 

 

では続きいきます!!

 

 

◆全日の歴史

 

 

午前中の武田先生の講義の中でも少し触れられていましたが、せっかく参加したので、全日の歴史について簡単にまとめておきましょう。

 

 

全日のHP内の「沿革」のページを見ますと、

 

昭和55年4月に文部省より法人の認可を受け、それまで法人化の準備を進めてきた日本鍼灸医学会、及び日本鍼灸治療学会の役員が主体となって、法人学会を運営することとなった。

 

とあります。

 

 

今から20~30年前の業界誌なんかを読むと、全日のことを指して、やたらこの

 

「鍼灸界で唯一の法人格を持った学術団体」

 

という言い方が出てきたりします。

 

(法人、法人、とね。(笑))

 

 

鍼灸の学術研究団体を、公的な団体として国(当時の文部省)が認めた、ということが、業界としてはセンセーショナルだったんでしょうかね。

 

 

今から約40年前、昭和55年(1980年)当時は、まだまだ鍼灸界はそういう感じだったのかもしれません。

 

(因みに鍼灸師が国家資格になったのは平成5年(1993年)、僅か25年前です。)

 

 

因みに、全日は「日本鍼灸医学会」と「日本鍼灸治療学会」が合体したものだそうです。

 

 

「日本鍼灸医学会」は、終戦直後の昭和23年、「日本鍼灸学会」として創設され、医学研究者を導入することを目的として、昭和50年(1975年)、

 

日本鍼灸学会を発展的に改称し、日本鍼灸医学会と改名されたもの、だそうです。

 

 

一方、「日本鍼灸治療学会」は、昭和26年に鍼灸臨床を医術から医学へ発展させることを目的として創設されたもの、だそうです。

 

(この二つの学会についても、もう少し掘り下げて調べてもいいかもしれませんね。ま、そのうちに。。。(*‘∀‘))

 

 

この二つの学会が、国内外の鍼灸医学の学術を統べる機関として、公的な位置づけを持った学会(社団法人)として機能するように、発展的に改組して、

 

「圧発汗反射」の研究で有名な高木健太郎先生を初代会長として、昭和55年(1980年)に成立したのが、現在の「全日本鍼灸学会」、ということになります。

 

 

そして全日は平成25年(2014年)には公益社団法人となりました。

 

 

・・・で、前身から数えると70年、全日設立からは約40年が経っている、と。

 

 

戦後、GHQによって、明治維新以来の存続の危機を迎えた鍼灸界は、「医術から医学へ」をスローガンとしてやって来た訳ですね。

 

 

そのメインストリームが、(公社)全日本鍼灸学会である、といった感じでしょうか。

 

 

そしてもう一つの流れとして、鍼灸医学の学術として、より伝統を重んじ、東洋古医学における伝統的な論理と手法を重視するのが、日本伝統鍼灸学会である、という感じかな。

 

日本伝統鍼灸学会のルーツ   参照

 

 

うーむ。。。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 勉強会参加報告!

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ