お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

ローズマリーティー?? 3

2018.10.28

20181015_211806.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

これまでのお話し

 

参照

 

 

◆名前の由来

 

 

植物の効能を考えていく時、その名前自体に、薬効だったり、性質だったりが端的に表れている場合があります。

 

 

昔の人は、何かその植物の特徴をとって、名前を付けていることが多々あります。

 

 

ではそもそも、「ローズマリー」という名前の由来は何だったんでしょうか。

 

 

属名Rosmarinus「海のしずく」を意味するそうで、ヨーロッパでは、教会、死者、生者を悪魔から守る神秘的な力を持つといわれ、また記憶や友情を意味するらしいです。

 

(なんかスゲー( ゚Д゚))

 

 

キリスト教以前のヨーロッパでは、祝典や結婚式、葬儀に用いられたとされ、「変わらぬ愛」「貞節」の象徴とされ、その生育はキリストの生涯を象徴し、

 

多くの伝説で聖母マリアと結びついている。

 

 

・・・なるほど、ただ一点、”その生育がキリストの生涯を象徴”??

 

 

なんそれ??

 

 

どゆ意味??

 

 

これは、常緑低木で常に青々としており、暑さ、寒さ、乾燥にも強いところから、そのように考えられたのかもしれません。

 

(詳しい人は教えて下さい。<m(__)m>)

 

 

また、マリアとの関わりでは、キリストとともにエジプトに逃げたマリアが、ローズマリーの木にマントをかけておいたら、翌朝、マントと花の色が同じ色に代わっていたという話があり、

 

マリアを象徴するのがバラであることから、この木が「ローズオブマリア」→「ローズマリー」になったという、意味不明な伝説もあるようです。(苦笑)

 

 

和名の「マンネンロウ」については、ネットの『語源辞典』によれば、もともと香りが強いので「万年香(まんねんこう)」と呼ばれていたが、

 

「マンネンコウ」「マンネンロウ」に変わったのは、書き間違いとも、木が青々としていることから「万年朗」という、”永遠の若い青年”という意味を当てたとか、

 

言われているようです。

 

 

ここまでで、割かし宗教的な意味合いの強い植物であることと、香気の強い植物であることが分かりました。

 

 

 

続く

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: 養生

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ