お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

墓マイラー 46 番外編 沖縄慰霊編

2018.01.18

DSC_1751.JPG

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

再び、墓マイラーに行ってきました!!

 

これまでの墓マイラーは  墓マイラー 目次          参照

 

 

今回は番外編として、医家ではなく、沖縄戦没者慰霊編。

 

 

小学生の頃から、戦争の話は断片的に聞いていて、僕が子供の頃は、わずか40年くらい前の話なのに、教育から常識から、

 

現代とのあまりの違いに、何となく興味があり、この業界に入ってからは、行政上の鍼灸医学、東洋医学への不平等な扱いを現場で実感し、

 

日本の近代史、医学史にさらに興味を持つようになり、祖父が海軍であったこともあり、明治維新や大東亜戦争に関しては、

 

非常に興味を持つようになりました。

 

 

 

そして、ずーっと行ってみたかった沖縄の戦跡。

 

 

大東亜戦争時、南洋諸島や樺太、占守島、硫黄島と並んで、非常に激しい地上戦が行われた地です。

 

 

去年はハクソーリッジという映画にもなり、僕の中で興味が高まっていました。

 

最近観た映画  参照

 

 

 

そこでとうとう、行ってきました!!

 

 

20180114_190532.JPG

 

 

↑↑逆光で見にくいですが、戦争終結後、いち早く(と言っても約1年後)作られた沖縄県民による慰霊碑「魂魄の塔」

 

 

 

dsc_1784-998515123.jpg  dsc_1785-1802702926.jpg  

 

dsc_1733642082761.jpg  dsc_1734-527966033.jpg

 

 

↑↑当時は逃げ場所がなく、人口の壕以外にも、沖縄の土地独特の天然の洞窟や鍾乳洞(ガマ)の中を隠れ場所や病院として利用していました。

 

 

いくつか回りましたが、どこも非常に狭く、暗く、ジメジメ暑く、しかも当時は非常に臭く、まさに地獄絵図のような場所だったそうです。

 

 

それでも住民としては外の「鉄の暴風」の中に比べれば天国だったようです。

 

 

DSC_1742.JPG dsc_1743326420011.jpg dsc_1741252202838.jpg

 

 

↑↑有名な「ひめゆりの塔」。この隣の資料館は必ず寄るといいと思います。

 

 

塔のすぐ隣には沖縄戦の医療人への慰霊碑も。

 

 

軍医のギリギリの判断が功を奏して、多くの人が助かった例も、そうでない例もあるそうです。

 

 

 

dsc_1740-485374478.jpg dsc_17381427280745.jpg dsc_1739-709591443.jpg

 

 

↑↑白梅の塔。地元のガイドさんは、ひめゆりだけが有名になって、観光地化しているけど、学徒隊はひめゆり以外にも白梅や梯梧など、たくさんあって、

 

そのどれもが、非常に悲惨な目に遭っているんだ、ということを強く強く言っておられました。

 

 

今回初めて実際に現地に行き、何人かのガイドさんから当時の話を聞くと、1945年の3月から6月末までの沖縄がどういう状況だったか、

 

その悲惨さ、過酷さ、恐ろしさ、非常に良く分かりました。

 

 

・・・やっぱ行かないとダメだね。

 

 

あれを生き抜いた人は、ホントに凄いと思います。

 

(ひめゆりの塔の資料館に行くと、生き延びた人のインタビュー映像が流れています。)

 

 

沖縄は、あれから72年経った今でも、残念ながら国際問題山積で、完全に平和とは言えない場所ですが、それでも当時は米軍の軍艦で埋め尽くされていたという海や、

 

「鉄の暴風」と言われる、1m四方に数十発の爆弾が落ちたと言われる土地と比較すれば、当時よりは格段に平和になった沖縄を見ると、亡くなった多くの人の死も、

 

決して無駄じゃなかったのかなと、まあ言葉にはなりませんが、ただただ、手を合わせたくなります。

 

 

合掌

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: ひとりごと

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿

南新宿駅×鍼灸部門
2016年07月時点
アーカイブ