お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

花粉症考(くしゃみ篇②)

2013.03.28

**********************************************************************************************
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    ↑↑↑          ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、当ブログのランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

前回のお話・・・

花粉症考(くしゃみ篇)


早速、続きいきます!!


前回、くしゃみは病的なものばかりではなく、症状が回復する時に出るものもある、というお話をしました。


今日は、くしゃみする前の、あの鼻がムズムズする感じ、「鼻痒(びよう)」について、ちょっと話しときましょ。


これは、大まかに言うと、

1.諸々の原因で、鼻に熱がこもった場合

2.肺の臓が弱っている場合

この2パターンです。


また、鼻を「風(ふう)」という邪気が襲った場合にも生じる、とあります。


これも、「熱」の仲間ではありますが、治療法が違います。


自然界においても、火を燃やせば上昇気流が生じます。


気圧の高いところから、低いところに向かって、大気が移動します。


これとよく似た現象が、人体内でも起こります。

詳しくは
「風」「火」について 参照


また、古典には、

「心の臓が蔵する”神”が乱れると、鼻痒が起こってくしゃみが出るよ~ん。」

という記載があります。

『奇効良方 鼻門』から抜粋意訳by竹下)


つまり、鼻がムズムズしてくしゃみが出る場合、「風」「熱」「肺の臓」「心の臓」に着眼することが大事で、

これらが傷んでいるような兆候が考えられない場合は、陽気が回復してくる兆候とみてもよい、

ということです。


つまり、体が回復し、陽気が立ちあがってくる際、一過性に鼻で充満して、熱を生じ、気の「生理的な」停滞が起こり、

それを通じさせるためにくしゃみが出る場合がある、という訳です。


こういう判断が、きちんとできるかどうか、臨床の現場では、極めて大事なのです。


また、そのように患者さんに理解していただかないといけません。


花粉症の話はまだまだあるんで、シーズンが終わっちゃう前に、もうちょい進めときましょうかね。(笑)



読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

↓↓清き1票を!  ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 花粉症と東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ