お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

菖蒲②

2019.05.27

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

**********************************************************************************************
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑

こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

 

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

 

こんばんは。齋藤です。

 

 

 

5月なのですが、かなり暑い日が続きますね。

 

 

 

ここまで気温が高くなると、脱水の危険性が出てきますので、水分補給をしっかり行い、体調を崩さない様にしてください。

 

 

 

前回、菖蒲(ショウブ)と菖蒲(アヤメ)は、漢字が同じですが読み方が違い、見た目もほとんど同じで、花菖蒲、カキツバタも字は違うが、見た目はほとんど同じという事を書きました。

 

 

 

前回作成していて、私自身が、やや混乱気味でしたので、色々と調べてみました。

 

 

 

整理すると

① 菖蒲湯に入れる「菖蒲」

②「花菖蒲」

③「あやめ」(漢字で書くと菖蒲)

④「かきつばた」(杜若)

の4つは似ていますが、実は違っていました。

 

 

 

植物学的には②「花菖蒲」③「あやめ」④「かきつばた」はすべてアヤメ科アヤメ属だから皆同じ仲間で極めて近い関係です。

 

 

 

ところが①菖蒲湯の菖蒲はサトイモ科で別物。

 

 

 

葉が似ているだけで、花も咲くことは咲くけどきれいな花ではなく、蒲(がま)の穂みたいな黄色い花であるということ。

 

 

 

4つの中で、派手な花を咲かせないのは菖蒲です。

 

 

 

個人的に、①に花が咲くと②になると思っていたのが、混乱のもとでした。

 

 

 

また、菖蒲(あやめ)は漢字が同じだが読み方が違うという事で、更なる混乱を招いていました。(笑)

 

 

 

続く

 

 

 

院長ブログ

 

 

 

スタッフブログ

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルホームページ(PC)

 

 


清明院院長のブログ 「最高の鍼灸の追求」

関連記事: 齋藤

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ