お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

在宅医療の特徴について(その2)

2010.09.28

こんばんは、松木です。

昨日のブログに引き続き、本日も在宅医療の特徴について書いていこうと思います。


在宅医療とは、その名の通り「在宅」で、つまり「患者さんの生活の場」で行います。

「患者さんの生活の場」に伺うということは、外来では見えにくい大切な情報を得ることができます。


例えば、患者さんご本人が「一人でトイレに行けるようになりたい」というご要望を持っておられるとします。

しかし「トイレの様式」「寝室からトイレまでの距離」「廊下の構造」などなど、生活の場には様々な違いがあります。

ですので、患者さんによって「一人でトイレに行く」という行為は、実は千差万別です。


これを在宅医療では、その場に行って見て確認することができます。

言葉で丁寧に説明を受けていても、見ることによって初めて気が付くことはたくさんあります。

こういった情報が、

「『この患者さん』が、一人で歩いてトイレに行けるようになるために必要なこと」

を考える上でとても参考になるのです。


患者さんの症状改善のため、日々全力で取り組んでおります。



愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!! 清明院に皆様のお力を!

↓↓清き1票を!   ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

関連記事: 松木在宅医療

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ