お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

『経穴名辞攷』

2019.01.20

20181029_195900.JPG

 

 

 

清明院では現在、院内診療、訪問診療ともに多忙のため、求人募集しております!

 

 

募集内容の詳細はこちら!!

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ 

 

「エキテン」清明院サイト

 

  ↑↑↑        ↑↑↑
こちらを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

先日、鍼灸医学史研究発表会に参加してきました!!という記事を書いた。

 

 

今回の発表会では、孫基然先生の「気」の解釈の話が一番面白かった。

 

 

僕ら臨床家というのは、「気」に関して、感覚的に捉えている訳だが、それを学問的にキッチリ詰めて考えるというところが、甘くなりがち。

 

(あ、”僕の場合は”ですよ。(^^;))

 

 

で、終了後の飲み会で質問攻めさせていただいたわけだが、そこで孫先生が2009年に復刻された『経穴名辞攷』の話が出た。

 

 

今から約50年前、鳥取の開業眼科医であった小田規矩之介先生が和紙に手書きで書き、長いこと眠っていたものを孫先生が活字化して下さったこの本に関して、

 

同席していた小林健二先生、松田博公先生もこの本を絶賛しており、非常に興味を持った。

 

 

しかし、いい本ほど何故か埋もれるこの業界、この本は200冊しか刷られなかったようで、古本サイトで検索しても出て来ず。。。

 

 

このままでは、久々に神田に行って足で探すか、ヤフオクやアマゾンに出てくるのを待つしかないと嘆いていたら、この本の編者である孫先生が

 

「送ってあげますよ。」

 

と、神の言葉。(T_T)

 

 

送っていただき、さっそく読んでみると、なるほど、面白い視点。。。

 

 

経穴学に新鮮な考え方を下さった。

 

 

精読し、臨床応用できることがあったら、報告します。<m(__)m>

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

 

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

 

「エキテン」清明院サイト

 

 

清明院オフィシャルサイト

 

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

 

 

 

関連記事: おススメ本!

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ