お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「鍼灸師が紹介状書いていいんですか?」

2017.04.06

DSC_2466.JPG

 

 

**********************************************************************************************
      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
  ↑↑↑        ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************

 

 

昨日から、東洋鍼灸専門学校での講義が始まりました!

 

 

今年度の学生さんも、なかなか熱心で、たくさんの質問をいただきまして、嬉しかったです。

 

 

色々な質問がありましたが、印象的だったのは、

 

「先生は、治療を断ることはありますか?」

 

という質問。

 

 

このブログで何度も書いていますように、東洋医学というのは、気を動かし、陰陽バランスを整える(治る力を最大化する)、

 

結果的に病気が治る、ということを説いた医学です。

 

 

それを鍼灸でやるのが東洋医学的な、伝統的鍼灸治療、ということになります。

 

 

毎日毎日、ひたすらそれをやらせていただいているのが清明院です。

 

 

「気を動かして、鍼灸をする前よりは、陰陽バランスを整える」

 

ということ自体は、どんな重症であれ、すべての症例において、理論上は可能です。

 

 

ただしかし、それですべてが治せるという訳ではないです。

 

 

例えば、毎日鍼灸治療が出来れば治せるかもしれない症例でも、経済的、物理的な問題で、月に数回しか診せに来れない、

 

といった場合、陰陽バランスを調整する力、鍼の力が病に追い付かない場合もあります。

 

 

臨床家は結果責任ですから、そういうものについては、悔しいけど「治せない」ということになります。

 

 

そういう場合なんかに、専門病院などに「紹介状」を書いてその患者さんを送る、ということをやる場合があります、

 

と答えると、学生から、

 

「鍼灸師が紹介状を書いていいんですか?」

 

「病院は受け取ってくれるんですか?」

 

という質問が出て、度肝抜かれました。。。( ゚Д゚)

 

 

いやいや、いいに決まってるっしょ。(苦笑)

 

 

逆に、何でダメなの?

 

 

治らないからって、相談されてんのにほったらかしにするのは無責任でしょ。

 

(因みに、自己判断で、全く無断で来なくなってしまった患者さんについては論外ですよ。これはフォローできません。)

 

 

清明院も、大変な重症難病を扱うことが多い関係上、これまで、悔しいけど何枚か紹介状を書いていますが、病院が受け取ってくれなかったなんて話は聞いたことないです。

 

(まあ、相手が鍼灸や東洋医学に否定的なドクターだったらあり得るかもしれないが。)

 

 

普通の良心的なドクターであれば、大変丁寧な文面のお礼状とか、診療情報提供書を返送してくれますよ。。。

 

 

鍼灸師は国家資格。

 

 

鍼灸院は広義には公的な医療機関です。

 

wikipedia 医療機関 参照

 

(ソースがwikiかよ、ってバカにしたやつ、リンク先に過去判例も載ってるから読んでみなされ。厚労省に聞いてみてもいい。)

 

 

鍼灸師は医業類似行為者だからとか、変に間違った自虐的な認識を持つのは、患者さんの不利益につながりますよ。

 

 

誇りと自覚をもって、やれる最大限のことをしてあげましょう。

 

(もちろんキチッとした学術を身に付けた上で、ね。)

 

 

ただ、そういう認識の学生さんが居る以上、学校教育の中で、「紹介状の書き方」という授業があってもいいんじゃないかと思いますねえ。

 

 

東京衛生学園の臨床教育専攻科(教員養成科)にはありましたけど、鍼灸師養成校にもあっていい。

 

 

 

読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

 

   にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

清明院オフィシャルサイト

 

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 鍼灸学校、鍼灸学生に関して

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ