お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「肥満」と東洋医学

2014.05.22

清明院では現在、スタッフを急募しております!!

ぜひ我々とともに、切磋琢磨しましょう!!詳細は
こちら。


**********************************************************************************************
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    ↑↑↑          ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************


たまーに、というかいまだに、患者さんから聞かれる、この質問。


「鍼で痩せられますか?」


・・・僕は大体、

「食う量減らして、運動すりゃあ、鍼しなくても痩せるよ。(笑)」

と答えています。


肥満に関しては、飲食の不摂生と、運動不足が大半(90%とも言われる)ですので、そう答えるしかない。


まあ中には、症候性肥満といって、病気が隠れているものもありますが。


因みにこれに関する真面目な回答は、清明院HP内の「よくある質問」のページに上げてあります。↓↓

http://www.seimei-in.com/question.html#no_10





確かに、現代では、芸能人やモデルのように痩せたスタイルは、多くの女性の憧れです。


男性でも、だらしなく太った体よりも、引き締まったスリムな体の方が見栄えがいいに決まってます。


だから、自助努力なしで痩せることが出来れば、願ったり叶ったりです。


しかしそういう考えが、すでにしてだらしない。(笑)


ココロの肥満ですな。


来週、学校で「肥満」の講義をするんですが、肥満は、飽食の時代における現代病です。


脳や心臓や代謝障害など、あらゆる病気のリスクを高めます。


現代ほど食べるものに恵まれていない古代中国では、実はあまり「肥満」そのものを問題視する傾向はなかったようです。


たとえ肥満であっても、その体に東洋医学的な異常所見や症状がなければ良しとしていたようです。


これから、ちょっとこれについて書こうと思います。



読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

↓↓清き1票を!  ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 肥満と東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ