お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「肥満」と東洋医学 3

2014.05.24

清明院では現在、スタッフを急募しております!!

ぜひ我々とともに、切磋琢磨しましょう!!詳細は
こちら。


**********************************************************************************************
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    ↑↑↑          ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************


前回のお話し・・・

「肥満」と東洋医学
「肥満」と東洋医学 2


・・・では、続きいきます!!

前回まで、肥満のメカニズム、東西両医学の肥満に対する認識について話してきました。


いずれにせよ、現代では、古代中国と違って、あまりにも簡単に飲食物が手に入る。


そして、好きなものを好きなだけ食べることで、日頃の緊張を緩めて、ストレスを一定程度発散し、バランスをとっているパターンが多い。


・・・で、日中はPC作業中心の、頭脳労働。


運動不足。


こりゃー、肥満が増加するにきまってますね。(笑)


生活自体を変えないと、太る一方です。


だから、自分ではどうにもできないと感じ、他力本願になる人が多いのも分かる。


そんなワケで、近年は東洋医学も、肥満に対しては「予防、改善すべき病的な状態」として認識している、という感じでしょう。





◆耳鍼について


よく、鍼灸の分野で、”痩せる鍼”なんて言われて有名なのが「耳鍼」です。


聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。


僕も実は、かつて雇われの時にやっていたことがあります。


でも今はやっていません。


要望があってもお断りしています。(苦笑)


これは、実は1950年代にフランスのポール・ノジエというという整形外科医が、それまでヨーロッパに伝わっていた伝統医療を応用して、

”耳介療法”という、耳を刺激する治療法を研究発表したことが始まりです。

(エライ最近の話でしょ?)


ノジエは鍼灸治療も習っていたため、耳を鍼で刺激することで、様々な疾患に効果があることに気づきました。


それを、長友次男という日本人の先生が翻訳して日本に紹介し、実は”日本経由で”中国に伝わった経緯があるそうです。


中国は、それを受けて、

「は?別に、以前からやってましたけど・・・?」

というリアクションを取ったそうです。(笑)


でも実は、耳鍼について専門的に研究された古典等々は、その時なかったはずです。


内心けっこう慌てたんじゃないでしょうか。(笑)



読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

↓↓清き1票を!  ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 肥満と東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ