お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

「肥満」と東洋医学 6

2014.05.30

清明院では現在、スタッフを急募しております!!

ぜひ我々とともに、切磋琢磨しましょう!!詳細は
こちら。


**********************************************************************************************
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
    ↑↑↑          ↑↑↑
この2つのバナーを、1日1回クリックに是非ご協力下さい!<m(__)m>

クリックしていただくと、ランキングポイントが上がります!!
**********************************************************************************************


前回のお話し・・・

「肥満」と東洋医学
「肥満」と東洋医学 2
「肥満」と東洋医学 3
「肥満」と東洋医学 4
「肥満」と東洋医学 5


・・・では、続きいきます!!

ここらでいったんまとめましょう。


◆糖尿病の治療で肥満になる!?


肥満には、西洋医学的には、飲食の不摂生や、運動不足に起因する

単純性肥満

と、ホルモンや脳の病気などに由来する

症候性肥満

と、2種類の肥満があります。

(単純性肥満が90%とも言われます。)


この、症候性肥満の中に、遺伝性とか、色々な種類があるのですが、中に、”糖尿病の治療によるもの”というのがあります。


これについて考えてみましょう。


普通、糖尿病といったら、暴飲暴食や贅沢な食事を繰り返し、結果的に肥満になり、結果的に糖代謝が乱れ、

血液中の糖の値、血糖値が上がってしまった病気、という認識だと思います。

(ざっくりし過ぎ?(笑))


これを治療していて、肥満になるとは、一体全体、どういう訳か。


これは、糖尿病の治療で、糖代謝を正常化するために、インスリンというホルモンを注射したりして補充する治療をする場合があるのですが、

これによってインスリンが過多になったりすると、かえって脂肪が合成される方向に働き、肥満になってしまう場合があるようです。


あるいは、治療によって目的通り血糖値が下がったが、それによって空腹感が強く出て、我慢できなくて食べ過ぎてしまって、

かえって肥満になってしまう、というケースがあるようです。


なかなか現場レベルでは、患者さんの3食の時間やメニューまでキッチリと管理することは難しいため、調整が難しい現状があるようです。


我々も、糖尿病の患者さんを診ることはありますので、この辺の基礎知識は踏まえておいた方がいいと思います。


なんか堅い、しかも西洋医学の話になっちゃったけど、肥満と東洋医学、いったん終わり。(笑)



読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!

↓↓清き1票を!  ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』

関連記事: 肥満と東洋医学

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ