お電話

03-6300-0763

10:00~21:00(完全予約制)

休診日:日曜(土曜、祝日の診療は18時迄)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-15-12クランツ南新宿601

あってはいけないこと

2010.01.11

「何してんの!?も~(>_<)」

・・・と思ってしまうようなニュースがありましたね(怒)


はり治療後に女性急死 大阪府警、鍼灸院を家宅捜索


・・・あくまでもこのニュースが正しい、という前提で今日はお話ししようと思いますが、まったく、いつまで経ったらなくなるんでしょうか。

鍼灸治療による気胸。

もういい加減なくなってもいいと思うんですが、後を絶ちませんね~。

鍼灸学校では、きちんと気胸にしない方法を勉強するはずですし、胸部に対する解剖学的な知識も教わるはずです。

なのになぜ・・・

外傷性気胸(肺または肺を包む膜に鍼その他によって穴が開き、それによって呼吸困難になる病)は、鍼灸治療の事故報告では一番多いんじゃないでしょうか?

・・・正直、「ありえない・・・(ため息)」と思います。

むしろ、自然気胸(やせ形の若い男性に多く、とくにきっかけなく肺に小さな穴が開き、呼吸困難になる病)が起こらないようにと、

内臓をも治療できるのが鍼灸治療であって、気胸をこっちから起こさせるなんて、考えられないです!

一体どんな乱暴な鍼をしたんでしょうか・・・?

個人的にはこれをやっちゃう人って、鍼灸師という職業に向いてないと思うんですよねー。

なぜなら相当乱暴にやんないと気胸なんて起こらないはずですから。

(悪気がないのなんかは当たり前で、鍼を使って、でたらめかつ乱暴なことが患者さんに出来てしまう、という時点で向いてないんじゃないかな、と思います。)

まあ、こういうニュースが流れて、「鍼ってこわいね~(+_+)」という人が増えると、正直迷惑します。

も~勘弁してよこういうの!誰!?ほんとに!?亡くなった患者さんのご遺族はもちろん、業界にも謝ってほしいわ。

患者の皆様、清明院ではこのようなことはありえませんので、よろしくお願いいたします<m(__)m>


愛すべき読者の皆様、1日1回、こちらのバナーをそれぞれ1クリックお願いします!!
清明院に皆様のお力を!<m(__)m>

↓↓清き1票を!        ↓↓清き1票を!
人気ブログランキングへ      にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

清明院オフィシャルホームページ(PC)

清明院オフィシャルホームページ(携帯)

清明院スタッフブログ『清明なる日々』 

関連記事: 時事ネタ

ブログ記事関連タグ

この記事に関するコメント

“あってはいけないこと” への4件のフィードバック

  1. しむしむ より:

    まったくもって
    「何やってんだよ!もう~ッ(怒)」
    なニュースです。
    やらかしたのは、大阪池田市の10床ほどの規模をもつメイ○ル鍼灸接骨院。
    しかも鍼を打ったのは無資格のバイトらしいと聞いて余計にムカ~ッ!!!(怒)
    全国の鍼灸師が名誉毀損でこいつらを損害賠償すべきでしょう。

  2. いんちょう より:

    しむしむさん
    > しかも鍼を打ったのは無資格のバイトらしいと聞いて余計にムカ~ッ!!!(怒)
    ホントですよね(苦笑)ネットで色々見ますと、鍼に対する不信の声がだいぶ挙がってますね・・・。
    ま、地道に頑張るのみですね!分かってくれる人に分かってもらうしかないです。

  3. より:

    詳細は、そうなんですね!
    私も結構ムカついているので(笑)
    しむしむさんの情報引用させていただきます。

  4. いんちょう より:

    柚さん
    これはしかし、よく考えるとその学生もかわいそう、とも取れますね。
    やはり鍼灸をやるなら、しっかりとした指導者につかなければなりません。おそらくは日常的に、その学生がきつい鍼を患者さんにやるのを、そこの院長さんは容認していたんでしょう。
    今日も患者さんに「そういうことってあるの?」と聞かれて、「少なくともうちではありえません」と答えました…。
    学生さんには、「鍼を持つ」ということの意味の重さをよく考えてほしいと願うばかりです。
    亡くなられた患者さんに合掌・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



:上の図のアルファベットと数字を、左のボックスに御記入ください。 (迷惑コメント対策ですので、お手数おかけしますがよろしくお願い致します。)

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索
おすすめ記事一覧
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ